<トレンドブログ>SBS「チプサブイルチェ」米国撮影で16億ウォンの訴訟を起こされていた⁈

SBS芸能番組「チプサブイルチェ」出演・製作陣が米国カリフォルニア州タスティン・アーバインの住民である11世帯から訴訟を起されました。

今月17日、韓国メディアによると、この地域の住民11世帯は、SBS側が米国での撮影の際、詐欺・特殊住居侵入・財物損壊・道路交通法違反・一般交通妨害などの行為を行い被害を被ったと主張しています。また、今週、米国では約16億ウォンの損害賠償訴訟も行う予定だといます。

SBS看板バラエティ「チプサブイルチェ」は、米国カリフォルニア州タスティン・アーバインの住民との法的紛争に巻き込まれました。この地域の住民11世帯はSBSと「チプサブイルチェ」出演・製作スタッフに対し、2018年8月「チプサブイルチェ」チームは、米国カリフォルニア州からタスティンとアーバイン地域で撮影を進行した際、当時製作スタッフが許可を取らないまま「泥棒撮影」をしたと主張しています。

これに対しSBS側は「虚偽の主張」としながら対立しています。今回の事件と関連してSBS側の弁護人は、当時の現地エージェンシーを通じて事前に撮影許可を受け、費用もすべて納付するなど、関連手続きを守って行われたと明らかにしました。

米国での撮影の様子

 

さて、この問題…制作陣だけでなく出演者に対してもかかっているようなので、今後の展開が、どうなるのかが関心が高まっています。

 

WOW!Korea提供

韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

  • 女優キム・ヒソン「チプサブイルチェ」チームと愛蔵品のオークション“収益金寄付”
  • 秋山成勲、「チプサブイルチェ」で娘サランちゃんに言及…「もう9歳、最近は僕の電話に出ない」
  • ASTROチャ・ウヌ、“片思いの女性がFTISLANDのファンで、音楽に関心を持った”「チプサブイルチェ」
  • チャ・ウヌ(ASTRO)、「チプサブイルチェ」で恋バナ「告白されたことの方が多い」
  • 2020.08.17

    blank