“YGの天敵”ハン・ソヒ、執行猶予取り消し申請棄却=検察は引き続き捜査中

執行猶予期間中の麻薬容疑をもたれている韓国のハン・ソヒ(元練習生)の執行猶予取り消し申請が棄却された。理由は尿検査では陽性だったが、毛髪検査で陰性だったためだ。

水原地方裁判所・城南支部は11日、ハン・ソヒに対する執行猶予取り消し決定が棄却されたと明らかにした。城南支部側は「ハン・ソヒの尿検査で陽性が出たため、執行猶予取り消し請求をしたが、その後、国科捜に鑑定依頼した毛髪検査で薬物『陰性』反応が出た。今すぐ執行猶予を取り消すほどの事情は発見されなかった」とし、棄却理由を説明した。

現在、ハン・ソヒは執行猶予取り消し処分棄却後、釈放されたことがわかった。

執行猶予取り消し処分棄却で辛うじて実刑は免れたが、ハン・ソヒは引き続き検察の捜査を受ける予定だ。

検察は先立って、陽性反応が出た尿検査と関連した容疑に対して捜査を続けており、捜査結果によっては起訴される。その後、裁判を通じて実刑判決を受けた場合、現在宣告された執行猶予が自動的に取り消され、前の裁判で猶予された実刑と共に、新しい裁判で言い渡された刑が執行される。

 

WOW!korea提供

  • “YGの天敵”ハン・ソヒ、執行猶予取り消し可否は来月決定へ=韓国裁判所
  • “執行猶予中に薬物疑い”ハン・ソヒ、今日(29日)執行猶予取消予定
  • ”YGの天敵”ハン・ソヒ、執行猶予中の抜き打ち検査で「陽性」… 現職弁護士は「実刑の可能性高い」
  • 練習生ハン・ソヒ、執行猶予中の麻薬“陽性反応”に衝撃が走るなかSNSを非公開に…非難が続く
  • 2020.08.11

    blank