FNCエンタ、自傷行為で入院中のクォン・ミナ(元AOA)に2度目の謝罪…「ジミンすでに一般人、精算問題NO」

 

現在ユナ、ヘジョン、ソルヒョン、チャンミら4人が「AOA」に残っている。

続いてFNCは「最近もクォン・ミナが当社の関係者に『ジミンの今後の活動は』と聞いてきたが、答えなかったことも、ジミン本人が『芸能活動に意味がなく、一般人として生きていく』という意味を当社と話した状況で、もう一回余計な言及がされないことを願ったからだった」と釈明した。

クォン・ミナの現所属事務所側この日「現在クォン・ミナの母親が病院で世話をしている」とし「医療スタッフとの相談を通じ、今後どのように治療受けるか決めていく」と述べた。昨日(8日)、所属事務所側はクォン・ミナが自傷行為で応急室に移送されたが命に支障がないと説明した。

クォン・ミナはこれまで何度も自傷行為をしようとしており、先月には、自分のSNSに写真を上げて「AOA」の間の不和を暴露した。一か月間、多くの人々からの応援を受けて心の安定していたように見えたが、再び公然と自分の状況について否定し、前所属事務所とメンバーとの不和を思い出し、極端な試みをしたものだ。この日彼女が自分のSNSに掲載した文章と写真は削除された状況で、昨日、クォン・ミナは「悔しいまま行かない。シン・ジミン、ハン・ソンホ、キム・ソルヒョン、よく生きろ。私たちのお母さん、お姉さん、家族は何も言えず、罪もなく泣くだろう。精神的な被害補償も全てしてくれ。十分にしてくれ。お金しか知らない人じゃないか」と書いた。

先月3日、クォン・ミナは自分のSNSに「チーム活動当時のリーダージミンからいじめられ、複数回極端な選択をした」と明らかにした。論議が大きくなるとジミンは「チームを脱退する」と明らかにし芸能活動を中断した。 FNCは「ジミンが『一般人として生きていく』とした」とさらに知らせてきた。

ジミンは先月4日、自身のSNSを通じて「文章にすべてを入れることができませんが、申し訳ありません」とし「私のチームをリードするのに不足していたし間違っていた。後悔と罪悪感を感じ、一緒に過ごしてきた間、私はミナをよく理解できていなかった」と謝罪した。

FNCはクォン・ミナが提起した精算問題言及には、「業界標準を徹底的に守ってきており、もし何らかの問題の素地がある場合、法的責任を尽くす」と疑惑を一蹴した。

WOW!korea提供

【全文】FNCエンタ、クォン・ミナ(元AOA)に謝罪=「健康回復が最優先、ジミンは芸能活動の意思なし」

・クォン・ミナ(元AOA)、「命に別状なし」極端な選択の繰り返しで深まる心配

・【公式】クォン・ミナ(元AOA)”自宅近くの緊急治療室に入院、命に別状はない”

・「AOA」出身チョア、ドラマ「あいつがそいつだ」OSTを11日に発売

2020.08.10

blank