クォン・ミナ(元AOA)、「命に別状なし」極端な選択の繰り返しで深まる心配

クォン・ミナ(元AOA)、「命に別状なし」極端な選択の繰り返しで深まる心配

「AOA」出身の女優クォン・ミナが、再び極端な選択をしようとした。狙撃や暴露後、極端な選択が数回繰り返され、世間の心配がますます深まっている。

クォン・ミナは8日、自身のSNSに「私は悔しいまま行かない。シン・ジミン、ハン・ソンホ、キム・ソリョン、幸せに。うちの母、姉、家族は一言も言えず、罪もなく泣くだろう」とし、「私は幸せなところへ行く。ここはあまりにもつらい。私が死んだら葬儀場に足も踏み入れないで。汚らわしい。私は死んで、あなたたちを苦しめてやる。やけくそになって、生きていけないから」と自分の心境をつづった文を掲載した。

また、クォン・ミナは「11年間の歳月、私がどんな扱いを受け、生きてきたのか知りもしないのに、傍観者だとか何だとか言っていた人たち、よく聞きなさい。あの人たちは、言葉では収められないほど、ゴミのような人たち。正常な人を死にまで追い込んだ人たち」と言及し、驚かせた。

このようなクォン・ミナの極端な暴露に、多くの人が心配をした。所属事務所側はクォン・ミナの書き込みを見て、すぐに警察と消防署に通報し、救急隊員はクォン・ミナを移送した。
所属事務所側は「クォン・ミナは現在、近くの病院の救急治療室に入院した」とし、「命に別状はない」と現在の状態を明かした。

クォン・ミナの暴露と極端な選択は、先月からずっと繰り返されている。ジミンの嫌がらせを暴露することから始まり、6日にソリョン、ヘジョン、ユナ、チャンミら他のメンバーたちへの良くない記憶をSNSで吐き出した。

クォン・ミナは2か月近く、不安な姿を見せながら、多くの関心を浴び、心配されている状況。SNSに書いた書き込みも、整えられた言葉や写真ではなく、抑えられない感情があふれたものばかりだ。

クォン・ミナの一方的な暴露に関し、他のメンバーやFNCエンターテイメントは沈黙を守っている。

 

WOW!korea提供

  • 【公式】クォン・ミナ(元AOA)”自宅近くの緊急治療室に入院、命に別状はない”
  • クォン・ミナ(元AOA)、ジミンの謝罪後1か月ぶりに暴露再開…「AOAは傍観者」
  • 【全文】「FNCエンタ連絡途絶えた」元「AOA」クォン・ミナ、ジミン・ソリョン“傍観者”暴露
  • 元「AOA」クォン・ミナ、メンバーのSNSをフォローしない理由明かす「メンバーも傍観者、記憶消したい」
  • 2020.08.09

    blank