FNCエンタ、自傷行為で入院中のクォン・ミナ(元AOA)に2度目の謝罪…「ジミンすでに一般人、精算問題NO」

 

FNCは、「解明と反論、是非を公に覆うことは、刺激的な話題を量産するだけで事態の解決に役に立たないと判断した」とし「『AOA』のメンバー一人一人が文を掲載するということも引き止めてきた。大衆の前でそれぞれの言葉が赤裸々に繰り広げられ、争いが起こるのは、事態を解決するための方法ではないと判断した」と、現在残ったメンバーらが立場表明をしていない理由について説明した。

現在ユナ、ヘジョン、ソルヒョン、チャンミら4人が「AOA」に残っている。

続いてFNCは「最近もクォン・ミナが当社の関係者に『ジミンの今後の活動は』と聞いてきたが、答えなかったことも、ジミン本人が『芸能活動に意味がなく、一般人として生きていく』という意味を当社と話した状況でCエンターテイメントは公式声明を出して前日(8日)に行われたクォン・ミナの極端な試みについて残念な気持ちを伝えた。7月5日、FNCは「ジミンは『AOA』を脱退して、すべての芸能活動を中断することを決定した」と明らかにしたことに続き、2回目の謝罪文だ。

今日の謝罪文でFNC側は、「これまでメンバー間の関係をより丁寧に理解していなかった点を深く謝罪する。当社は、明確な立場を伝えたいという点を何度も悩んで迷った」とし「メンバーたちも非難と誤解を受け、一日一日息苦しさを抱えて過ごしてきた。当社とメンバーに向けた非難がある状況もよく知っていた」と話し始めた。

しかし、FNCは「立場表明を重ね悩んだが、現在最も重要なことは、クォン・ミナの健康回復が最優先だと判断している」とし「もう一度、心からクォン・ミナが一日も早く健康を取り戻すの祈り、円満な解決のために努力する。クォン・ミナが元気な姿で戻ってくることができるよう応援と激励をお願いしたい」と述べた。

FNCは、「解明と反論、是非を公に覆うことは、刺激的な話題を量産するだけで事態の解決に役に立たないと判断した」とし「『AOA』のメンバー一人一人が文を掲載するということも引き止めてきた。大衆の前でそれぞれの言葉が赤裸々に繰り広げられ、争いが起こるのは、事態を解決するための方法ではないと判断した」と、現在残ったメンバーらが立場表明をしていない理由について説明した。

(3ページに続く)

【全文】FNCエンタ、クォン・ミナ(元AOA)に謝罪=「健康回復が最優先、ジミンは芸能活動の意思なし」

・クォン・ミナ(元AOA)、「命に別状なし」極端な選択の繰り返しで深まる心配

・【公式】クォン・ミナ(元AOA)”自宅近くの緊急治療室に入院、命に別状はない”

・「AOA」出身チョア、ドラマ「あいつがそいつだ」OSTを11日に発売

2020.08.10

blank