ユ・アイン&パク・シネ主演「#生きている」、10日連続1位...134万人突破

映画「#生きている」が、10日連続でボックスオフィス1位を占めた。
4日、映画振興委員会の映画館入場券統合コンピューター・ネットワークの集計によると、「#生きている」は前日に5万1860人の観客を動員し、ボックスオフィスで1位を占めた。累積観客数は134万2958人だ。

先月24日に公開された「#生きている」は、初日に20万人以上の観客を動員してボックスオフィスで1位になり、5日ぶりに100万人の観客を突破するなどの底力を見せている。
「#生きている」は、原因不明の症状の人々が攻撃を開始しながら制御不能に陥った中、Wi-Fi、文字メール、電話まですべてが切断されたままひとりアパートに孤立した人々の物語を描いた生存スリラー映画だ。俳優ユ・アインとパク・シネが出演し、現在韓国で上映中だ。

  • 「インタビュー」「#生きている」監督、”現場でパク・シネと多くの対話をした”
  • パク・シネ、映画「#生きている」200万突破の公約は、BTS(防弾少年団)V言及の「ジュラジュラ」チャレンジ
  • ユ・アイン&パク・シネ主演映画「#生きている」150万動員目前“巡航中”…「ソリクン」はボックスオフィス3位で出発
  • パク・シネ「『#生きている』ユ・アイン、演技が上手くて魅力的なパートナー」
  • 2020.07.04

    blank