【トピック】女優パク・シネ、心に染みた俳優ユ・アインの言葉とは

韓国女優パク・シネが、俳優ユ・アインの言葉によって慰められたと語り、話題になっている。

パク・シネは22日、出演映画「#生きている」のインタビューで、自身が苦労した時間を知って共感してくれたユ・アインに深い印象を受けたと語った。

パク・シネは「仕事の話もしたが、各自が生きてきた話も共有しました。私が今まで作品に出演しながら得た修飾語に関連してラブコメ、あるいは韓流という修飾語とタイトルを得るまで、人間パク・シネがある道を生きざるを得なかったんだという話をしてくれて、それが私にとっては、とても印象深かった」と明かした。

続いて「同じように10代前半からこの仕事をしながら女優としてだけいつも話してきたが、人間パク・シネが女優としての人生を生きるのにどんな過程を経てきたのかについては話さなかった。ところが、『君も苦労したね』と言ってくれて胸に染みた。とてもありがたかった。認められている感じというか…」と振り返った。

また「その苦労を知ってくれた人がこのように話してくれたということ。同じようにな状況を経験しなくては完全に理解できないのに、こうしてそれぞれの成長についてした話したことが、この作品で良かった瞬間だ。たくさんの力ももらった」と感謝した。

パク・シネが、家の外に出ることができない状況の中で冷静に生存を続けるユビンを熱演した映画「#生きている」は、原因不明の症状の人々が攻撃を開始して制御不能に陥った中、Wi-Fi、メッセンジャー、メール、電話まですべてが切断されたまま、ひとりアパートに孤立した人々の物語を描いた生存スリラー映画で、24日に韓国で公開された。

 

WOW!korea提供

  • パク・シネ、映画「#生きている」でこれまでに見たことのない姿を披露
  • 「インタビュー②」パク・シネ、“ユ・アイン、10代から俳優として生きてきた仲間。苦労をわかってくれてありがたい”
  • 「インタビュー①」パク・シネ、”違った姿を見せしたかった。変身へのプレッシャーがある”
  • パク・シネ、”変身に対するプレッシャーがないといえば嘘”
  • 2020.06.24

    blank