パク・シネ、映画「#生きている」でこれまでに見たことのない姿を披露

女優パク・シネが、映画「#生きている」を通じて以前とは流れの違う新しい演技への変身を披露する予定だ。
映画「#生きている」は、原因不明の症状の人々が攻撃を開始して制御不能に陥った中、ワイファイ、SMS、電話などすべてが切断されたままひとりアパートに孤立した人々の物語を描いた生存スリラーだ。ここでパク・シネは、大胆で冷静に生存戦略を展開していくもうひとりの生存者「ユビン」役に扮した。

劇中ユビンは、登場だけでも劇の雰囲気を転換させ、新たな局面に入っっていくことを知らせる。正体不明の存在の脅威に家の外に出ることができない状況の中でも、何から何まで徹底的な生存戦略を組んで、緻密で大胆な姿を見せるユビン。この過程でパク・シネは、ユビンという人物を多少力を抜いた目つきと淡々とした表情で描き出す。
これまで作品の中で見せてきたキャラクターとは違った雰囲気で新しさをプレゼントする見込みだ。

加えてパク・シネは、危機の瞬間に披露するアクション演技を代役なしで自らこなした。体当たりの彼女の努力は、究極的で爽快なスリルと快感をプレゼントして見る楽しみを加えている。アクションまで見事にこなしたパク・シネは、「#生きている」で様々なジャンルをなす幅広い演技力を証明して印象深い活躍を広げるものと期待を集めている。
パク・シネの演技的変身を予告した映画「#生きている」は、今日(24日)日本で公開された。

  • 「インタビュー②」パク・シネ、“ユ・アイン、10代から俳優として生きてきた仲間。苦労をわかってくれてありがたい”
  • 「インタビュー①」パク・シネ、”違った姿を見せしたかった。変身へのプレッシャーがある”
  • パク・シネ、”変身に対するプレッシャーがないといえば嘘”
  • パク・シネ、”苦労を知ってくれたユ・アインの言葉が心に染みた”
  • 2020.06.24

    blank