「バラコラ」「Road to Kingdom」ファイナル、「Kingdom」への切符を手にしたのは「THE BOYZ」! 「ONF」は大健闘の2位フィニッシュ!

運命の最終発表を前に、ステージ上に並んだ1位候補の2組。緊張感や不安からか下を向き、祈るように待つ「THE BOYZ」、どこかすっきりとした表情で前を向く「ONF」。

6月18日(木)に生放送された「Road to Kingdom」(Mnet)第8話(最終話)で、ついに「Kingdom」へと進出するグループが決定した。
「Kingdom」に出演できるのは総合ランキング(1~3次バトルの成績+動画再生回数+新曲音源成績+生放送メール投票)1位と、生放送メール投票1位の2組。ただし、総合ランキング1位と生

放送メール投票1位が同じであれば1組となる。

 

3次バトルまでの総合ランキングでは「ONF」が1位だったが、ここに動画再生回数+新曲音源成績が加わると、1位は「THE BOYZ」、2位は「ONF」と順位が逆転。残るは、生放送でのメール投票が運命の分かれ道となった。

ファイナルステージでは、5組が新曲のステージを初披露! 「ONEUS」は「バンパイア」コンセプトで、新曲「COME BACK HOME」を、「VERIVERY」は今回も強みであるシンクロダンスはもちろん、ミュージカル要素を加えたパフォーマンスで新曲「Beautiful-x」を、「THE BOYZ」は騎士に扮し、新曲「CHECKMATE」をチェスゲームを繰り広げるような華麗なパフォーマンスで魅せた。

ここでメール投票の中間結果として、2位の発表があり、「ONF」の名前が呼ばれた。Mnetのサバイバル番組では、お馴染みの中間発表だが、これがどう作用するのか。

新曲ステージの後半戦は、「PENTAGON」がプロデューサーでもあるリーダー、フイの自作曲で、自分たちの道を突き進んでいくという意味を込めた新曲「BASQUIAT」を、最後は「ONF」が、MKが作曲に参加し、新世界(「Kingdom」)へ行こうというメンバーたちの抱負が込められた「New World」でフィナーレを飾った。

さらに、5組のステージが終わった後、これまでパフォーマンスが際立つステージが多かったので、歌声で視聴者に感謝の気持ちを表現しようと、各グループのボーカル、フイ(PENTAGON)、ヒョジン(ONF)、ヒョンジェ(THE BOYZ)、ソホ(ONEUS)、ヨンホ(VERIVERY)の5人がスペシャルステージとして、「BTOB」の「It's Okay」を熱唱。グループの垣根を超え、美しいハーモニーを届けた。
全てのパフォーマンスが終わり、いよいよ運命の結果発表。「Kingdom」に進出できるのは1組と発表された。つまり、総合ランキングと生放送メール投票の1位が同じだったということだ。

1位候補として名前を呼ばれた「THE BOYZ」と「ONF」。ステージ上で発表を待つ姿が対照的だったが、やり切ったように清々しい表情で待つ「ONF」ではなく、祈るような表情で下を向いていた「THE BOYZ」が1位のトロフィーを手にした。

一気に緊張感から解き放たれ、膝から崩れ落ち、うれしさのあまり、涙を流して喜び合う「THE BOYZ」のメンバーたち。さらには、他のグループのメンバーたちもステージに駆け付けて祝福し、抱き合って健闘を称えるなど、感動的な光景が見られた。

(2ページに続く)

  • 「バラコラ」「SUPER JUNIOR-K.R.Y.」、ウニョクMCの「週刊アイドル」でイジりトーク&イニシャル愛嬌ソング披露!
  • 「バラコラ」「GOOD GIRL」、アイドル対決にイム・ヨンミン脱退の「AB6IX」&「OH MY GIRL」ら登場! 18日から放送時間変更へ
  • 「バラコラ」「OH MY GIRL」ヒョジョン、ブラインドの取り付けからワッフル作りまで一人暮らしの引っ越し初日を大公開!
  • 「バラコラ」「Road to Kingdom」第3次バトル、「ONF」1位通過でうれし泣き!「TOO」は脱落で悔し泣き!
  • 2020.06.20

    blank