「バラコラ」「Road to Kingdom」第3次バトル、「ONF」1位通過でうれし泣き!「TOO」は脱落で悔し泣き!

6月11日(木)に放送された「Road to Kingdom」(Mnet)第7話は、さまざまな涙にあふれ、悲喜こもごもの展開となった。

第3次バトル第2ラウンド(テーマ「あなたの歌」)後半は、「PENTAGON」から。フイが、ある人からアイドルになったばかりの頃、「アイドルは3年(それまでの活動を)見たら、答えが出る」と言われたとし、3年半活動してきた「PENTAGON」のリーダーとしての苦悩を明かしながら、何としてでもメンバーたちを「Kingdom」に連れて行きたいと強い覚悟を見せる姿から始まった。

「ONF」が選曲した「MONSTA X」の「FOLLOW」を受け取り、どういう方向性でいくか悩むフイだったが、ユウトが「FOLLOW」が「ファラオ」に聞こえると言ったことをヒントに、コンセプトを“ファラオ”にし、古代王の復活を思わせる壮大なステージを構成した。

続く「VERIVERY」は、「TOO」が選んだ「MAMAMOO」の「gogobebe」を“アラジン”コンセプトでミュージカル風に披露。魔法のランプや杖など、さまざまな小道具を活用しながら、番組初となるワンテイク撮影で、躍動感あふれるパフォーマンスを届けた。

最後を飾る「THE BOYZ」は、「ONEUS」が選曲した「VIXX」の「桃源境(Shangri-La)」をベートーヴェンの「月光ソナタ」を絡め、パラダイスを探し求めるストーリーで表現。今回も“月”をメッセージに盛り込み、曲の最後は「月光ソナタが流れると、桃源境が広がる」という字幕テロップで締めくくった。

カッコよく終わったかに見えた「THE BOYZ」だったが、パフォーマンス後、ジュヨンに異変が。曲中、花が徐々に咲いていく過程を振付で表現する、大事なハイライトシーンでミスをしてしまい、泣き崩れたのだ。「THE BOYZ」は総合ランキングで言うと、安全圏にいるし、ましてやファイナルステージでもないのにだ。このステージにかける本気や、常に完璧を追い求める姿をまたも見た気がした。

これで第3次バトルが終了。第2ラウンドの結果を含め、総合ランキングが発表された。1位は、第2ラウンドも1位をとった「ONF」(総合31890点)! 「PENTAGON」キノが「『ONF』は『It's Raining』を完璧に自分たちのモノにしていた」と絶賛したが、まさに回を増すごとにパワーアップし、パフォーマンスの完成度が想像を超えてくるので、見ていてワクワクする。所属事務所の先輩「OH MY GIRL」が前シリーズ「Queendom」(総合2位)で見せたような上昇気流をそのまま受け継いでいるようだ。

1位の名前が呼ばれた瞬間、ラッパーのWYATT(ワイアット)が信じられないといった様子でしゃがみ込み、うれしくて男泣きする姿が感動的だった。

2位は、第2ラウンド2位の「THE BOYZ」(30765点)が安着。

3位は、第2ラウンド5位の「PENTAGON」(26853点)だった。3位は悪くない順位だが、「今回は1位、ダメでも2位」と高い目標を掲げていただけに、複雑な表情を見せるメンバーたち。

(2ページに続く)

  • 「バラコラ」チョン・セウン、ピザの箱に猫の絵? 宅配サービスで「猫の絵を描いてください」が流行!
  • 「バラコラ」カン・ダニエル、復帰の裏にマネジャーの存在! スタッフのため事務所に設置した無料売店も公開!
  • 「バラコラ」「Road to Kingdom」、ついに「ONF」が「THE BOYZ」を抑え1位! 「GOT7」が「TOO」のためアドバイスも!
  • 「バラコラ」「NCT 127」ユウタ、「週刊アイドル」で魅力炸裂! 大好きなマークをめぐる三角関係の行方は⁉
  • 2020.06.13

    blank