チャン・グンソク、まるで“ドラマのワンシーンのよう” 変わらないカリスマ溢れる演技力と圧倒的な存在感

チャン・グンソクが更にカッコ良くなった姿でファンをときめかせている。
チャン・グンソクは12日午後、自身のInstagramにARENA7月号で撮影したグラビア写真を公開した。
イスに座ってストライプスーツを完ぺきに着こなすチャン・グンソクは、シリアスな雰囲気で独自のオーラを醸し出している。
また近距離でフードを被っている写真では、チャン・グンソクの深く繊細な目の表情が、まるでドラマのワンシーンのようで、変わることがないカリスマ溢れる演技力に驚くばかりだ。
先だってチャン・グンソクは2018年7月に社会服務要員として入所して2年間の代替服務を終え、5月29日に招集解除された。

チャン・グンソクは初仕事として6月1日午前に放送された「キム・ヨンチョルのパワーFM」にゲストとして出演した。

チャン・グンソクは、「代替服務をしながら運動もしたのか?」という問いに「事務所に座っている時間が多いものだから太った」とし「このままではいけないと思い服務してから1年が過ぎた後、毎日運動をした」と打ち明けて笑いを誘った。

またこの日デビュー29年目を迎えたチャン・グンソクは、DJキム・ヨンチョルと過去の経歴を振り返る時間を持った。2000年「妖精コムミ」、2008年「ベートーベン・ウィルス」、2009年「美男<イケメン>ですね」、2016年「テバク〜運命の瞬間〜」など、チャン・グンソクは様々なジャンルとキャラクターで休まず視聴者を訪ねた。

チャン・グンソクは、最も意味のある作品について質問を受けた。チャン・グンソクは「全部が大切だ。最後まで覚えていたい。意味がある作品は『ファン・ジニ』であった。子役から初めて大人として出演した作品で僕自身を再確認することができた」と伝えた。

 

  • チャン・グンソク、カリスマ溢れる存在感で魅了!”グラビア撮影現場のビハンインド映像公開!”(動画あり)
  • チャン・グンソク、ぎこちない姿もかっこいい…”こんなにしゃべれないなんて”
  • チャン・グンソク、招集解除後さらにイケメンになった?‥マスクしてても素敵ビジュアル爆発
  • チャン・グンソク、招集解除後初めての番組復帰で語った下着モデルのエピソードやハリウッド進出まで
  • 2020.06.12

    blank