“性売買告発”BJハン・ミモ側「女優A氏の犯罪証拠明白」

“性売買告発”BJハン・ミモ側「女優A氏の犯罪証拠明白」

レーシングモデル出身インターネット放送BJ(ブロードキャスト・ジョッキー)ハン・ミモが映画女優A氏を性売買あっせん容疑で告発した中、法律代理人のイム・ジソク弁護士が告発後の進行事項を打ち明けた。

29日午前、BJハン・ミモの法律代理を務めている法務法人ヘユルのイム・ジソク弁護士はOSENにハン・ミモは被害者だと強調し「議論されるだけのイシューと結びついているので、刺激的な内容が主に報道されたが、被害者だということに変わりはない」と述べた。

また、イム・ジソク弁護士はBJハン・ミモがフィリピン・マニラに行ったことについて「A氏にだまされ、単純に会いにいっただけ」とし、海外に招待する際に性的な話はまったくなかったと伝えた。

先立ってBJハン・ミモは親交のあった映画女優A氏にエンターテインメント代表B氏を紹介された。その後、ハン・ミモはB氏から性的虐待され、強圧的な性関係にA氏が関わっていると主張した。

特にハン・ミモは、フィリピン・マニラでA氏の支配下で賭博行為を手伝い、A氏が本人の名前でVIPカジノカードを作ったと暴露し、監禁された生活のため極端な選択(自殺)まで試みたと告白した。

これと関連してイム・ジソク弁護士は「映画女優A氏の犯罪の証拠関係が明白だ」とし「B氏の容疑については証拠を集めている。イシューとなる事件であり、100%でなければ法的に告発するのが難しい。現在はB氏については告発を保留中」と説明した。


それだけでなく、ハン・ミモ側はA氏の容疑を裏付ける証拠として、A氏、B氏と交わした対話内容を検察に提出したという。

該当報道後、あるメディアはハン・ミモが告発した映画女優A氏は元バドミントン韓国代表のイ・ヨンデ選手の元妻ピョン・スミだと実名報道した。ハン・ミモは「今後SNSを通して、釈明関連の資料を掲載する」とも明かした。
このような主張にピョン・スミ側に事実確認を試みたが、連絡が取れていない。

一方、BJハン・ミモはレーシングモデル出身で、アフリカTVでBJとして活動していたが、露出問題などで永久停止となった。その後BJハン・ミモはTwitchやYouTubeを通じて個人放送をしている。

WOW!korea提供

  • BJハン・ミモ、女優Aを性売買あっせん容疑で告発=「わい曲しないで」
  • “性売買容疑”チョン・ジュンヨンに罰金100万ウォンの略式命令=裁判所
  • BIGBANG D-LITE、本人所有のビルで、賃借者が不法風俗店運営…性売買も行う
  • ヤン・ヒョンソク元YG代表、性売買斡旋疑惑で立件…警察捜査着手
  • 2020.05.29

    blank