BTS(防弾少年団)所属事務所Big Hit、上場手続きに突入…BTSが与える企業価値はどれほどだろうか

BTS(防弾少年団)を世界的グループに成長させたBig Hitエンターテインメント((以下、BigHit)が企業公開(IPO)の手続きに突入し、Big Hitの企業価値に関心が集まっている。 Big Hitが上場されれば、SMやYG、JYPなどを差し置き韓国国内のエンターエンターテイント中でトップになる可能性が高い。

29日、韓国取引所の有価証券市場本部によれば、Big Hitは前日、株券上場予備申請書を韓国取引所に提出した。
2005年2月に設立されたBig Hitの主要事業は音楽制作やマネージメントだ。 前日の基準で、パン・シヒョク代表取締役は株式45.1%を保有している。

ハナ金融投資によると、株価収益比率(PER)を基準に算出したBig Hitの企業価値は少なくとも3兆9億ウォン~最大5兆2億ウォンと推定される。 専門家たちはBig Hitの企業価値の大部分がBTSと関連されたものと見ている。 最大推定値で見ると、韓国総合株価指数(KOSPI)の時価総額基準40~50位圏だ。

ハナ金融投資研究員イ・ギフン氏はBig Hitの株価収益比率(PER)が30~40倍まで可能だとし、最近の実績を基にこのような業績を予想した。 彼は「アルバム販売量1、2位グループを保有していて、北米の売上割合が最も高いBig Hitの株価収益比率は少なくとも30倍から40倍まで正当化できる」と説明した。

 

(2ページに続く)

2020.05.29

blank