BTS(防弾少年団)所属事務所Big Hit、上場手続きに突入

人気グループBTS(防弾少年団)の所属事務所であるBig Hitエンターテインメントが、企業公開(IPO)のための本格的な手順に突入した。Big Hitエンターテインメントが上場すれば、SMやYG、JYPなどを差し置き韓国国内のエンターエンターテイント中でトップになる可能性が高い。

韓国取引所の有価証券市場本部は28日、Big Hitエンターテインメントの株券上場予備申請書を受理したと発表した。

2005年2月4日に設立されたBig Hitエンターテインメントは、音楽制作とマネジメントを主な事業として営んでいる。この日の基準で、パン・シヒョク代表取締役は株式45.1%を保有している。

Big Hitエンターテインメントは、世界的なK-POPグループBTS(防弾少年団)をはじめ、TOMORROW X TOGETHERが所属している。

過去1年間、Source Music(レーベル)とすることができSuperb(ゲーム)の買収に続き、Pledisエンターテインメントの株式を買収し、GFRIEND、NU'EST、SEVENTEENなど韓国トップのアイドルグループラインナップを備えている。

昨年、Big Hitエンターテインメントの連結売上高は5872億ウォン(約510億円)であり、純利益は724億ウォン(約63億円)だった。

 

BTS(防弾少年団)SUGA、ミックステープ「D-2」のビハインドストーリー公開

・BTS(防弾少年団)、ビルボード「ソーシャル50」150週連続首位に

・「BTS(防弾少年団)」ジミン、英米圏の辞典サイトに登場した理由は?

・【情報】BTS(防弾少年団)のRMも“枕元に”と話題!韓国のベストセラーエッセイ『死にたいけどトッポッキは食べたい』の9刷増刷が決定!

2020.05.28

blank