「SHINee」今日(25日)でデビュー12周年…相変らず輝く彼ら、「SHINee」の活動は続く!!(動画あり)

春の日の新芽のようだった少年が、いつのまにか根元をしっかりおろして丈夫な木に成長しました。 そんなふうに12年が流れ、誰かには思い出、誰かには青春になりました。 でも、彼らの時間はまだまだ“現在進行形”です。 相変らず輝くグループ「SHINee」の話です。

「SHINee」は、2008年5月25日にファーストミニアルバム「お姉さんはとても綺麗(Replay)」でデビューしました。 「SHINee」は登場するやいなや、それまでになかったコンセプトと独歩的な美少年ビジュアルで“センセーション”を呼び起こしました。 ガールズグループだけが着こなすことができると思われていたカラフルなスキニージーンズは、彼らのトーレードマークになりました。

「SHINee」は、“SMアイドル”といえば思い浮かぶイメージと何かが違っていました。 先にデビューした「東方神起」、「SUPER JUNIOR」の音楽スタイルとも距離がありました。 “コンテンポラリーバンド”を標ぼうした「SHINee」は、流行について行くより先導する側でした。 その例として「Ring Ding Dong」、「JULIETTE」、「LUCIFER」、「Sherlock」が言及されます。
「Sherlock」は、K-POPダンスの歴史を変えたと言っても過言ではないと思います。

「SHINee」の音楽は実験的でした。 時々難解だという評を聞くこともありましたが、「SHINee」はいつも高い完成度が高く彼らだけが表現できる音楽を出してきました。 特に、アルバムと収録曲間のキーワードは、聞いて解釈する意味を加えたことはもちろん、マニア的なファンを形成するの軸になりました。

「SHINee」はアイドルグループではなく、一つのブランドとなりました。 たいてい、アイドルのアルバムが出ると、チャートインするリード曲だけ聞いてみるものだが、「SHINee」のアルバムが発売されれば、「ひとまず全曲聞いてみよう」という反応が多数でした。

(2ページに続く)

・SHINeeテミン&ハ・ソンウン&VIXXラビ、テクノダンスパーティーで盛り上がる「アイドル芸兵隊」

・デビュー12周年を控えたSHINee、爽やか美少年から長寿アイドルになるまで

・SHINeeテミン、デビュー12周年を迎えてファンにあいさつ…「SHINee Day」

・“テムログ”「SHINee」テミン、ブランチタイムに会った親友RAVI(ラビ)…“なんで?”

2020.05.25

blank