BTS(防弾少年団)からSuperMまで…“アンタクト(非対面)”公演で世界トレンド導く

全世界的に新型コロナウィルス感染症が長期化して大衆文化界も低迷した。 すべての公演とイベントは開かれず、BTS(防弾少年団)など海外活動を控えた人気アイドルも身動きできないでいる。
だが、K-POPは強かった。 オンラインコンサートを開いてファンたちを招く“アンタクト(Un + Contact、オンラインを通じて対面する方式)”という新しい公演文化を作ってトレンドを導いている。

グループBTS、SuperMなどが始めた“アンタクト公演”は、全世界数十万人のファンたちをオンライン公演会場に導いた。 新型コロナで活動に赤信号がついたが、新しい公演文化を作って危機を機会へと克服した。

BTSはオンラインストリーミング祭りを一番最初に始めて大成功をおさめた。 “部屋で楽しむBTSコンサート”(以下、“BAN BAN CON”)というタイトルを掲げたBTSは、先月18~19日にYouTubeの公式チャネル“BANGTAN TV”を通じて、以前のコンサートとファンミーティングの実況8編を無料で公開した。

これはワールドツアーの取り消しおよび延期で残念がっているファンたちの心をなだめるための趣旨だった。 BTSは単純に公演コンテンツを鑑賞することより一歩進んでコミュニティプラットホーム“Weverse”を通じて応援ライトARMY BOMBを連結して実際のコンサート会場にいるような熱気を感じられるように技術を適用した。

“BAN BAN CON”は2日間約24時間の間再生数5059万件を記録したし、最大同時アクセス数は224万人を遥かに超えた。 “BAN BAN CON”は全世界のファンたちが“リビング1列目”でBTSの公演を同時に観覧できるという点の他にも、“Weverse”を通じてファンたちの応援ライトを連結して臨場感を共有するという点で“アンタクト(untact、非対面)時代”の新しい公演観覧方式で注目された。

単純な公演視聴を越えて全世界のARMYを集めて新しい観覧文化を提示したBTSは、6月14日にオンラインライブ公演「BAN BAN CON The Live」を開催する。

「BAN BAN CON The Live」は、BTSが新しく準備したリアルタイムライブ公演で、BTSの部屋にファンたちを招くコンセプトだ。 6月14日午後6時から約90分間、有料ライブストリーミングで行われる。 BTSは差別化されたコンテンツで全世界のARMYを一つに集める予定。 「BAN BAN CON」で非対面公演の新しい歴史を書いたBTSが、「BAN BAN CON The Live」でどんな記録を立てるかも期待ポイントだ。

(2ページに続く)

 

  • <トレンドブログ>「BTS(防弾少年団)」、日本4thアルバム「MAP OF THE SOUL : 7~THE JOURNEY~」新ビジュアルを公開(動画あり)
  • BTS(防弾少年団)V、自作曲がiTunes 82カ国1位…歴代K-POPソロ曲2位
  • BTS(防弾少年団)ジン、うつろな眼差しで愛らしさアップ
  • 「公式」BTS(防弾少年団)SUGA、今日(22日)2ndミックステープ「D-2」発表
  • 2020.05.23

    blank