“やっぱりBTS!”BTS(防弾少年団)、5月ボーイズグループブランド評判1位…ASTROが2位


ボーイズグループブランド評判2020年5月のビッグデータ分析結果、1位BTS、2位ASTRO、3位EXOの順で分析された。

韓国企業評判研究所は、2020年4月9日から2020年5月9日まで測定したボーイズグループブランドのビッグデータ42,574,497個を消費者の行動分析を通じボーイズグループブランドに対する参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数を測定した。 4月のブランドビッグデータ49,378,619個と比較してみると13.78%減少した。

ブランド評判指数は消費者のオンライン習慣が、ブランド消費に大きな影響を及ぼすということを探し出して、ブランドビッグデータ分析を通じて作られた指標だ。 ボーイズグループブランド評判分析は、ボーイグループに対する肯否定評価、メディア関心度、消費者の関心とコミュニケーション量を測定することができる。 ブランド評判エディター100人のブランドモニター分析も含まれた。

1位のBTSブランドは、参加指数2,524,192、メディア指数1,809,696、コミュニケーション指数2,366,419、コミュニティ指数2,102,513で、ブランド評判指数8,802,820と分析された。 4月のブランド評判指数11,744,497と比較すると25.05%下落した。

2位のASTROブランドは、参加指数224,752、メディア指数797,344、コミュニケーション指数1,118,841、コミュニティ指数695,259で、ブランド評判指数2,836,195と分析された。 4月のブランド評判指数992,693と比較すると185.71%上昇した。

3位のEXOブランドは参加指数298,672、メディア指数602,848、コミュニケーション指数1,317,405、コミュニティ指数529,980で、ブランド評判指数2,748,905で分析された。 4月のブランド評判指数3,625,325と比較すると24.17%下落した。

韓国企業評判研究所ク・チャンファン所長は「ボーイズグループブランド評判2020年5月のビッグデータ分析結果、BTSブランドが1位を記録した。 ボーイズグループブランドカテゴリーは、4月のブランドビッグデータ49,378,619個と比較してみると13.78%減少した。 細部分析を見ると、ブランド消費14.91%下落、ブランドイシュー8.09%上昇、ブランドコミュニケーション19.39%下落、ブランド拡散30.28%下落した」と、評判分析した。

引き続き「ボーイズグループブランド評判2020年5月ビッグデータ分析1位を記録したBTSブランドは、リンク分析では『演説する、コミュニケーションする、取り消す』が、高く分析された。 キーワード分析では『ドキュメンタリー、IU、写真集』が、高く分析された。 肯否定比率分析では、肯定比率72.90%と分析された。 BTSブランドの細部分析を見るとブランド消費4.80%下落、ブランドイシュー32.43%下落、ブランドコミュニケーション31.98%下落、ブランド拡散28.38%下落した」と、付け加えた。

 

  • 【公式】「BTS(防弾少年団)」の無許可写真集、最高裁が違法性認める…偽グッズは根絶されるのか?
  • <トレンドブログ>やはり多才多能…「BTS(防弾少年団)」ジミン、プロデュース曲「Friends(友達)」3000万ストリーミング達成!!
  • BTS(防弾少年団)ジミン、ナチュラルなビジュアル公開…”大切な人に連絡してみましょう”
  • BTS(防弾少年団)の無許可写真集、最高裁判所が違法性を認める…ついに偽物グッズout
  • 2020.05.09

    blank