映画「寄生虫(パラサイト)」韓国でモノクロ版上映…深まる余韻

CJエンターテインメントは27日、映画「寄生虫(邦題:パラサイト半地下の家族)」モノクロ版が韓国での上映を控え、モノクロの中にある美しさが滲み出た写真を公開した。

映画は全員無職のキム一家の長男ギウ(チェ・ウシク)が高額の家庭教師面接のためにパク社長の家に足を踏み入れたことから始まる。そして二組の家族の出会いによって取り返しのつかない事件に発展する話を描いている。

今回公開したスチールは、モノクロのコントラストを通して、キム一家とパク一家が生きていく姿を鮮明に表現している。

同じ時代を生きているが、交わることのない二組の家族の生き様を描いたこの映画は、それぞれの家族の暮らしを鮮明に見せるだけでなく、「寄生虫」を貫く強いメッセージが伝わってくる。

「寄生虫(パサライト半地下の家族)」は4月29日に韓国の劇場で特別上映される。

 

WOW!korea提供

  • 映画「パラサイト」出演パク・ミョンフン、きょう(15日)父親が死去=最近まで肺がん闘病
  • 『パラサイト』と同じ撮影所を使った映画『徐福』に期待する!
  • “2000人動員映画”が1位の韓国映画業界…「モノクロ版 パラサイト」は起爆剤となるか
  • 新型コロナで空白続く韓国映画 「パラサイト」モノクロ版は29日公開
  • 2020.04.27

    blank