“2000人動員映画”が1位の韓国映画業界…「モノクロ版 パラサイト」は起爆剤となるか

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、映画館の不振も続いている。1日あたり2万人台を記録していた日別総観客数は、1万人台まで減少した。ディズニー映画「ムーラン」を始めとして、韓国映画の大作も数多く公開が予定されている夏の繁忙期が始まる前までは、この状況が続くと予想されている。

8日、映画振興委員会の映画館入場券統合電算網によると、「イップ・マン 完結」は7日に1日2472人を動員し、ボックスオフィス1位を記録した。累積観客数は3万6300人だ。続く2位は「1917」、3位は「ジュディ 虹の彼方に」がランクインし、観客動員数はそれぞれ1680人、1346人だった。

「イップ・マン 完結」は1日に公開され、7日までの1週間のあいだボックスオフィスで1位にランクインしていた。公開初週は4000人から6000人の観客を動員したが、2週目に入ると2000人台まで減少し、6日が2718人、7日が2472人であった。1日に5000人も入らない観客動員数でも、ボックスオフィスで1位がとれてしまうのだ。

(2ページに続く)

・新型コロナで空白続く韓国映画 「パラサイト」モノクロ版は29日公開

・映画「パラサイト」で”ピザ店オーナー”の女優チョン・イソ、J,WIDEカンパニーと専属契約

・あの『パラサイト 半地下の家族』越え! 韓国映画での歴代興行収入No.1の記録的メガヒット!『エクストリーム・ジョブ』4月10日 (金)よりParaviで特別先行レンタル配信スタート!

・映画『パラサイト』のポン・ジュノ監督、新型肺炎の克服に向けた応援リレー映像に参加

2020.04.08

blank