映画『パラサイト』のポン・ジュノ監督、新型肺炎の克服に向けた応援リレー映像に参加

映画『パラサイト』のポン・ジュノ監督、新型肺炎の克服に向けた応援リレー映像に参加

映画『パラサイト 半地下の家族(以下、パラサイト)』のポン・ジュノ監督が新型コロナウイルス感染症への克服応援リレーに映像で賛同した。

ポン・ジュノ監督は31日、『パラサイト』の製作会社「パルンソンE&A」のクァク・シネ代表が自身のフェイスブックにアップした応援リレー映像を通じて「日頃からのサッカーファンとして、ソン・フンミン選手が私を応援リレーの次の走者に指名してくださってとても光栄だ」とあいさつした。

ポン・ジュノ監督は今回の映像で「今、韓国や全世界が皆コロナウイルスで極めて大変な時期を送っている」とし、「防疫の最前線で直々に走ってらっしゃる医療陣の皆さん、公務員防疫当局の多くの人々にまず感謝の、そして応援の気持ちをお届けする」と明らかにした。

そして「みんなで力を合わせてコロナウイルスを完全に克服し、街ごとに学校に、公演会場に、劇場に、サッカー場に再び明るい顔で集まりお互い握手ができる日が一日でも早く来たら幸いだ」と付け加えた。

そしてポン・ジュノ監督は次の走者にタレントでDJとしても活動するペ・チョルスを指名し、「この方の声を聞くと、いつも世の中が平和な日常に転がっていくという感じがする」と述べた。

一方、ポン・ジュノ監督はサッカー選手のソン・フンミンの指名で応援リレー映像を撮影した。ボーイズグループ「防弾少年団(BTS)」の次の走者だったソン・フンミン選手は「我々皆がお互いを思いやる気持ちと自分を守る予防規則をよく守り、この大変な時間を無事に乗り越えられたら幸いだ」と明らかにしたことがあった。

自身のフェイスブックアカウントにこの映像をアップしたクァク・シネ代表は「ポン・ジュノ監督の“コロナ克服リレー”応援映像を共有いたします」とし、「ポン監督は先月から外部との連絡を絶ち、家に引きこもっている状態でシナリオ作業中でいらっしゃるが、フェイスブックを含むSNSアカウントがまったくなかったため、私が代わりに掲載してほしいと映像を送ってこられた」と明らかにした。

 

WOW!korea提供

 

  • 映画『パラサイト 半地下の家族』Filmarks史上最速で10万レビューを突破!
  • 映画「パラサイト」のポン・ジュノ監督、「世界一受けたい授業」SPに出演へ…日本映画を紹介
  • 「パラサイト」米サイトが選ぶ2010年代最高の映画で6冠達成
  • 「パラサイト 半地下の家族」ポン・ジュノ監督と主演のソン・ガンホにDJ KOOが日韓文化交流!
  • 2020.03.31

    blank