「インタビュー」東方神起チャンミン デビュー17年で初ソロ盤「ファンに感謝」

デビュー17年で初のソロミニアルバム「Chocolate」をリリースする韓国の人気デュオ、東方神起のチャンミンが6日、所属事務所のSMエンタテインメントを通じて一問一答を公開した。

ソロデビューまでに時間がかかった理由について、チャンミンは「あるがままの自分を舞台の上で楽にお見せできる年になるのを待っていたが、17年という決して短くない時間がかかった」とし、「どういう音楽をするべきだ、どういうパフォーマンスを見せるべきだというプレッシャーから逃れ、ようやく自分自身を作っていける時期が17年(という時間)だったのではないかと思う」と語った。

2004年にシングル「HUG」でデビューした東方神起は、「カシオペア」と呼ばれる根強いファン層に支えられ、韓国アイドルグループとして初めてアルバムの累計販売枚数が1000万枚を超えるなどスター街道をひた走ってきた。

デビュー時は5人組だったが、ユチョン、ジュンス、ジェジュンはグループを脱退し、10年からJYJとして活動している。

16歳でデビューしたチャンミンはいつしか32歳の青年になり、これまでに重ねてきたキャリアのおかげで余裕を持ってソロアルバムを出せるようになったと話す。

デュオとして活動を共にするユンホも、チャンミンのソロデビューを応援している。一緒に音楽活動をする同僚であり、友人として17年間という歳月を過ごした2人は、互いに視線だけで会話できる間柄になったという。

「ミュージックビデオ(MV)の撮影現場に、ユンホがスタッフの分までアイスクリームケーキを買ってきてくれました。

(2ページに続く)

・チャンミン(東方神起)のソロデビュー、ユンホは無言の応援 「MV撮影現場をサプライズ訪問」

・東方神起チャンミン、今日初のEP「Chocolate」公開…17年ぶりにソロデビュー

・東方神起チャンミン、「Chocolate」2番目のMVティーザー公開…ダークで魅惑的な魅力アピール(動画あり)

・東方神起チャンミン、明日ソロデビューを控え、最強ビジュアルであいさつ!

2020.04.06

blank