「インタビュー①」SUPER JUNIORイトゥク、"16年め、困難を経てさらに固く団結した"

K-POPが全世界の音楽ファンの注目を受けるようになったのには、何といってもアイドルグループの影響が大きかった。これまで韓国で誕生した多くのボーイズグループとガールズグループは、多様な魅力と音楽、そしてパフォーマンスを先立たせてグローバル音楽ファンの目と耳を虜にした。

アイドルグループの場合、メンバーがそれぞれ持つ特性及び強みを十分に発揮すると同時にチームワークまで備えれば、韓国はもちろん海外でも成功する確率はもっと高い。そのため、チームのリーダーの重要性は再三強調してもしきれないという評価を受けている。カリスマ性と柔軟性を幅広く兼ね備えたリーダーは、チームをいっそう力強く結んで、メンバーひとりひとりの長所も引き立たせるからだ。
リーダーの役割がより強調されるこの頃、news1はアイドルグループのリーダーの喜びや苦情などについて調べようと「僕はリーダー」シリーズを準備した。

今回の主人公は、グループSUPER JUNIORのリーダーであるイトゥク(37:本名パク・ジョンス)だ。
イトックは、デビュー16年目のグループSUPER JUNIORを導くリーダーだ。韓国初の他人数グループのリーダーという決して簡単ではない役割を引き受けたが、いつのまにか15年という期間、たくましくその位置を守っている。

活動しながら終始優れたリーダーシップを見せて良い評価を受けているイトゥクだが、むしろ最初はできないとリーダー役を断ったりしたという。チームをケアしなければならないというプレッシャーが重たく感じられたせいだ。しかし周囲の助言に勇気をもってSUPER JUNIORのリーダーを引き受けたイトゥクは、長い間チームのために犠牲となり、メンバーに対する愛情とファンに対する変わらない愛情を見せて「アイドルリーダーのバイブル」に生まれかわった。SUPER JUNIORのメンバーもファンも、イトゥクを信じて頼っている。

(2ページに続く)

・<トレンドブログ>「SUPER JUNIOR」キュヒョン、ドラマ「賢い医師生活」の第4弾OSTを歌う!27年ぶりのリメイク曲!?

・SUPER JUNIOR シウォン、SF8「増強豆がら」に出演決定…“純情派”に変身して演技カムバック!

・<トレンドブログ>「SUPER JUNIOR」ヒチョル&イェソン、永遠な「SUPER JUNIOR」の友情..イケメンツーショット

・SUPER JUNIOR シウォン、メンバーに“将来は国会議員?”とからかわれても感謝!「ダーリンは危機一髪!」DVD撮り下ろしインタビュー映像公開!

2020.04.04

blank