証券会社がエンター株の買い傾向と投資意見を維持する理由は?

韓国取引所によると、3日終値基準としてSMは2万1150ウォン、JYPは1万7600ウォン、YGは2万3650ウォンを記録した。 今年最高値と最低値を見ると、SMは1月13日3万9350ウォンから先月23日1万6350ウォンに、JYPは1月20日2万7600ウォンから先月23日1万5200ウォンに、YGは1月14日3万6750ウォンから先月19日1万8950ウォンまで急落したことがある。

 

ただし証券街は△音源高成長持続 △海外ファンダム拡大維持 △本業集中戦略強化 △インフラ輸出可視化などの理由でエンター株に対する肯定的な見解を維持しなければならないという意見を出している。 チ・インへ ハンファ投資証券研究員は「長期投資ポイントとモメンタムで変わったことはない」とし、「今年中旬から積極的な買収観点の見解が必要だ」とした。

 

証券会社はこれらエンター株に対する投資意見“買収”を維持している。 パク・ソンホ ユアンタ証券研究員も「防弾少年団のグローバル成功以後、多くのK-POPアーティストが2019年から大型音楽市場である北米・ヨーロッパ市場に本格的に挑戦していて、K-POPの成長潜在力は非常に大きい」としながら、新型コロナウィルス感染症事態の終息以後、エンター株に対する積極的な比重拡大戦略を勧告した。

 

昨年の“バーニングサン事件”などの中心にあったYGに対しても、今年に入って“買収”で上向いた証券会社だけ5カ所だ。 ハン・サンウン ユジン投資証券研究員は「2020年本業に集中する事業戦略を通じて内実を固めれば、主な論議の中心にあったYGに対する再評価も可能なこと」としながら、投資意見“買収”と目標株価2万9000ウォンを維持した。

 

  • 【公式全文】防弾少年団(BTS)側、「新型コロナが安定したら、ワールドツアーソウル公演を再開催」
  • 防弾少年団(BTS)、新型コロナウイルスの影響でワールドツアー米会場閉鎖… ”Big Hit変動ある場合知らせる”
  • ネットマーブルのオンラインショップ「ネットマーブルストア」にて、8月29日(木)より『BTS WORLD』グッズの販売を開始!
  • 防弾少年団(BTS)新しいコンセプフォト公開!”可愛さから最強ビジュアルまで大放出”
  • 2020.04.04

    blank