防弾少年団(BTS)、新型コロナウイルスの影響でワールドツアー米会場閉鎖... ”Big Hit変動ある場合知らせる”

グループ防弾少年団が4月から北米を皮切りにワールドツアーに突入する予定の中で、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)によるスケジュールの変動の可能性に注目が集まっている。

防弾少年団は来る4月25日〜26日、米国カリフォルニア州サンタクララ、リーバイス・スタジアムで「2020 MAP OF THE SOUL TOUR」を開き、新しいワールドツアー北米での日程を開始する計画である。

防弾少年団は、サンタクララに続いてロサンゼルス、ダラス、オーランド、アトランタ、ニュージャージー、ワシントンDC、シカゴ、カナダ・トロントなど、6月6日まで、北米地域で「2020 MAP OF THE SOUL TOUR」を行う。

しかし、サンタクララで、9日コロナ19による初の死者が発生し、防弾少年団が公演を進行する会場が運営中断をするニュースを発表した。リーバイス・スタジアム側は13日(韓国時間)、公式ツイッターを通じて"連邦政府がコロナ19の拡散を防ぐために発表したことに照らし、SAPパフォーマンスセンターとリーバイス・スタジアムは、追加の通知があるまで13日から運営を中断する」と発表した。

今回の事案と関連事務所Big Hitエンターテイメントはこの日、“変動がある場合はお知らせしたい”」と述べた。

最近サンタクララ郡は11日から4月1日までに1000人以上が集まる大規模なイベントを禁止すると発表した。これにより、4月25日ワールドツアー最初の公演に突入する防弾少年団の日程が変動するか成り行きが注目される。

一方、先月21日、「MAP OF THE SOUL : 7 」を発表した防弾少年団は、コロナ19の余波により、4月11日、12日、18日、19日、ソウル蚕室(チャムシル)総合運動場主競技場で行われる予定だった「BTS MAP OF THE SOUL TOUR-ソウル」公演をキャンセルしている。

 

  • 「FILA」、防弾少年団(BTS)広告公開…星座や宇宙をイメージしたボイジャーコレクション発売
  • 防弾少年団(BTS)も立ち寄った…全州動物園、映画や放送ロケ地として脚光
  • 「公式」防弾少年団(BTS)V、「梨泰院クラス」OST今日(13日)発表…”パク・ソジュンがパク・セロイをしてくれて嬉しい”
  • 防弾少年団(BTS)、Mnetと共にした瞬間について語る「MAMA受賞、僕たちの辛さや悲しみが洗い流されたようだった」
  • 2020.03.13

    blank