故ク・ハラの実兄、「20年音沙汰のなかった実母が葬儀場で喪主のフリ、遺産要求まで」

 

これに対して心理の専門家は、「専門医が過去について解決しなさいとアドバイスしたということは、(うつ病)の原因に母親が大きかった可能性が高い。ところが(直接)会ったのに違う、このように拒否してしまったこと自体から来る落ち込みもおそらくあったのではないだろうか」という意見を加えた。

ク・ハラの実母は、すでに2006年に夫と離婚して親権も放棄状況だった。製作サイドは噂をたよりに実母の行方を調べた。実母は、子供たちが育った光州に住んでいた。実母の立場を聞くためにインタビューを要請したが、ずっと「申し上げる言葉がない」という回答だけ返ってきた。

ク・ホインは、「私たちを捨てて親権まで放棄した人が、妹が築き上げた財産を持っていくのは非常に不当だ」と、実母に本当に親の資格があるのかを問いかけている。ク・ホインは、子どもを捨てた親の相続権を剥奪することができるよう法を変えるために、3月の国民合意請願ホームページに別名「ク・ハラ法」を掲載した。法が委員会に回付されるためには、4月17日までに国民の10万人の同意が必要である。現在残り8万人の同意が必要な状況である。

ク・ハラの弁護士は、「親としての責任を大幅に履行していない親の相続権を剥奪しようという議論もあり、継承欠格事由に非常に制限があるため、このような場合にまで拡大する必要性があると考えている」と述べた。ク・ホインは、「『ク・ハラ』という名前で悔しい思いをする人々を救うために、この法律が上手く通過すれば嬉しい」と付け加えた。

「実話探査隊」は、毎週水曜日の夜10時05分に放送される。

 

WOW!korea提供

故ク・ハラの実兄側、“ク・ハラ法”立法を請願「望ましい世の中へ向けた遺族たちの熱望」

・故ク・ハラの実兄「実母相手に訴訟…妹の命の価値を守りたかった」

故ク・ハラの実兄、実母相手に相続財産分割訴訟を提起「子どもを捨てた母…資格ない」

・故ク・ハラの実兄、SNSでハラに姪ができることを明かす…妻の妊娠を発表

2020.04.02

blank