「GFRIEND」、パン・シヒョクと手を組み「満足度100%」…「Crossroads」で伝える新たな始まり

韓国女性グループ「GFRIEND」がBigHitエンターテイメントのレーベルに合流し、プライドを懸けて新たなスタートラインに立った。

3日の午後4時、ソウルソウル広津(クァンジン)区YES24ライブホールで「GFRIEND」のニューミニアルバム「回:LABYRINTH」発売記念メディアショーケースが開かれた。

「回:LABYRINTH」は“回る”という意味の漢字“回”と“迷路”を意味する“LABYRINTH”の合成語で、「少女が成長過程で向き合う選択の瞬間」を意味している。ソウォンは「回:LABYRINTH」について「これまでの時間を振り返って、これから何を選択するか悩む複雑な感情を込めたアルバム」だと説明した。

「GFRIEND」は「回:LABYRINTH」で7か月ぶちにカムバックした。短いといえば短い空白期間だが、その間に「GFRIEND」の位置に異変があった。所属事務所のSOURCE MUSICがBigHitエンターテイメントのレーベルとして合流したのだ。

また力強いパフォーマンスで国内トップの女性グループに上りつめた「GFRIEND」も今年でデビュー5周年を迎えた。「回:LABYRINTH」はSOURCE MUSICとBigHitエンターテイメントの初めての合作であり、「GFRIEND」の5年間の成長記録を集約したアルバムに注目が集まっている。

(2ページに続く)

・「GFRIEND」シンビ、魔法にかかった女神ビジュアル公開

・「GFRIEND」、新型肺炎の影響で3日のショーケースは観客なしで進行

・「GFRIEND」シンビ、カムバック前に見せた「余裕の美」

・<トレンドブログ>「GFRIEND」、新譜“回:LABYRINTH”のハイライトメドレーを公開!

2020.02.03

blank