「取材レポ」キム・ジェファン、ニューイヤーファンコンで新曲からカバー曲まで“鳥肌級”圧巻の歌声を披露!「子年の今年はさらに幸せになれそうな気がします」

Wanna One出身のキム・ジェファンが昨年12月12日にリリースした韓国2ndミニアルバム「MOMENT」を引っさげ、昨年6月以来となる2度目の来日公演「KIM JAEHWAN NEW YEAR FAN CONCERT -MOMENT 2020-」を4公演開催。初日公演が1月10日(金)千葉・市川市文化会館にてスタートし、“鼓膜彼氏”らしく新年の始まりをステキな歌声で彩った。

天井にはシャンデリアが飾られ、本棚やソファなどが配置されたリビングのようなセットの中、オープニング映像が流れた後、ステージ中央から王子様のようなキラキラ衣装に身を包んだキム・ジェファンが登場!

オープニングを飾ったのは「MOMENT」の収録曲「NUNA(お姉さん)」。キュートな年下男の姿に、魔性の男の魅力まで発揮し、熱い反響を呼んだ曲だ。ダンサーを従えたキム・ジェファンは、年上女性をキュンとさせるキュートな表情や、ドキッとさせるセクシーなパフォーマンスで大歓声を浴びた。
続けて、1stミニアルバム「Another」に収録された、ファンキーなリズムが際立つダンスナンバー「Designer」で、一気に会場はヒートアップ。曲の最後に銀テープが舞い散る演出とキム・ジェファンのウインクで、華やかな幕開けとなった。

ここで藤原倫己がMCとしてステージに現れ、オープニングトークへ。「こんにちは。キム・ジェファンです。こうしてまた日本で公演ができてワクワクしているし、楽しみです」とあいさつしたキム・ジェファンは、藤原から新年のあいさつをされると、日本語で「今年もよろしくお願いします」とニッコリ。

 

1996年生まれの子年(ねずみどし)であるキム・ジェファンは「子年になるのを待っていました。今年は子年なので、仕事も上手くいきそうだし、さらに幸せになれそうな気がしています」とし、「アルバムをたくさん出すつもりだし、OSTなども含め、音楽活動をする姿をたくさんお見せしようと思っています」と今年の抱負を語った。

また、最新アルバム「MOMENT」は前作よりさらにイケてるものに、そして、ダンスが好きなので、ダンスがたくさん踊れるようにということを考えて制作したとか。1曲目に披露した「NUNA」は、レコーディングのとき、「セクシヘ(セクシーだね)」という歌詞があり、歌いながらムズムズし、地団駄を踏みながら、レコーディングをしたというエピソードも。他にも、今回のアルバムも作詞、作曲に参加しているが、特にメロディと構成も考え、自分自身で作った「Who Am I」が一番愛着のある曲で、聴くたびにいい曲だと思うと明かした。

プライベートではたくさん寝て、たまにビールを飲むのがリフレッシュになるが、何よりも公演をするのが自分にとって一番のヒーリングになるので、たくさん公演をしたいと話すキム・ジェファン。公演ではむしろ、自分の方がWIN:D(キム・ジェファンのファンの呼称)から癒やされるので、ありがたいとファンに感謝した。

そして、「2020年が皆さんとって特別な年になるようにという想いを込め、そして、今日が特別な時間となり、いつまでも思い出に残るような公演にしていきます」と力を込めると、次の曲は「皆さん、天井を見てください。暗いですよね?」と曲フリ。ドラマ「補佐官」のOST「Black Sky」をピンスポットを浴びながら、表現力豊かに切ない歌声で歌唱し、その世界観を見事に表現した。

キム・ジェファンにとって、初のOSTとなったこの曲も、その次に参加したドラマ「バガボンド」のOST「あの時の僕が今の僕なら」も、ありがたいことにたくさん愛されたので、意味深いと話したキム・ジェファンは、これからもステキな作品のOSTにたくさん携わりたいという意欲も見せた。

続けて、ギターを抱えると、好きなアーティストのプリンスがギターを弾くとき、左手の指輪を外すので、自分も同じようにそうしたいと言うと、左手の中指と人差し指にはめていた指輪を外し、準備完了。

(2ページに続く)

  • キム・ジェファン 2月2日公開の新曲「Goodbye(안녕)」日本初披露! イ・ハンギョル&ナム・ドヒョン ステージ初披露!K-POP音楽祭「第71回さっぽろ雪まつり 12thK-POP FESTIVAL2020」いよいよ今週末開催!
  • キム・ジェファン、きょう(2日)新曲「Goodbye」リリース
  • キム・ジェファン×ハ・ソンウン、FIFAオンライン4予選で逆転勝ち…「アイドル陸上大会」
  • キム・ジェファン(元Wanna One)、ドラマ「愛の不時着」OSTに参加
  • 2020.02.03

    blank