【初級編9】Kポップファンのためのハングルかんたん講座

東方神起のユンホの名前ですが、リエゾンすると윤호(ユンホ)が유노(ユノ)になります。

第9回「リエゾン」

リエゾンはフランス語にもあり、英語にもあり、日本語にもあります。しかし、特に多いのが韓国語です。リエゾンがあるから、韓国語は話し言葉がなめらかになる、と言っても過言ではありません。

リエゾンは連音化

次の日本語を読んでください。
観音
漢字を1つずつ読むと、「かん」「おん」となるのが正しいのですが、そう読む人はほとんどいないでしょう。すべての人が「かんのん」と読むはずです。
その理由は明らかです。「かんおん」より「かんのん」のほうがずっと発音しやすいので、それが慣例になってしまったのです。このような例として、「感応(かんのう)」も同様です。
つまり、連続する音を読むときに、後ろの音の読みが変化することが日本語にあります。同じような例がハングルでもひんぱんに起きます。これがリエゾンです。「連音化」ともいいます。
その例をハングルで見ていきましょう。ハングルで「恋愛」は「연애」と表記しますが、それがリエゾンされる過程を見てください。

연 + 애  → 연애 → 여내 → 여   내
ヨン   エ              ヨ   ネ
YON  E              YO  NE

ローマ字で見ると、わかりやすいでしょう。「YON+E」と分かれていた発音がリエゾンになると、「YO+NE」となって「ヨネ」と発音されます。

(2ページに続く)

・【初級編8】Kポップファンのためのハングルかんたん講座

・【初級編7】Kポップファンのためのハングルかんたん講座

・【初級編6】Kポップファンのためのハングルかんたん講座

・【初級編5】Kポップファンのためのハングルかんたん講座

2019.09.09