【初級編3】Kポップファンのためのハングルかんたん講座

「少女時代」のハングル

少女時代のハングルは次のように書きます。

少 女  時 代
소 녀  시 대
ソ ニョ シ デ

以上の4つの文字はすべて「子音+母音」となっています。つまり、日本語と同じ形であり、発音もカタカナどおりに読めば、ハングルの発音と同じになります。そういう意味でも、わかりやすいハングルだと言えるでしょう。
ちなみに、形を分析すると、最初の「소」だけが「上に子音があって下に母音が付く」という形になっており、他の3つの文字は「左に子音があって右に母音が付く」という形になっています。
少女時代のハングルの読みは「ソニョシデ」。繰り返し読んでいると、すぐに覚えてしまうでしょう。

写真左:康熙奉(カン・ヒボン)写真右:ウィ・ソンジュン(魏聖銓)

<講師>

ウィ・ソンジュン(魏聖銓)
1968年ソウル生まれ。1992年に来日し、学習院大学で日本語日本文学博士を取得。現在は法政大学をはじめ、多くの大学で韓国語を教えている。著書は『New!韓国語&会話』(右文書院)など。コラムニストとして日韓の文化の違いについても論じている。

康熙奉(カン・ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人2世。韓国の歴史・大衆文化や日韓関係を描いた著書が多数。主な著書は『ヒボン式かんたんハングル』『韓流スターと兵役』『韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の歴史と人物』。

・【初級編2】Kポップファンのためのハングルかんたん講座

・【初級編1】Kポップファンのためのハングルかんたん講座

2019.08.14