「アルハンブラ宮殿の思い出」ヒョンビン、パク・シネ、チャニョル、最終KEYは誰か

2019.01.12

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

「アルハンブラ宮殿の思い出」で、終わりに向かって走って行くゲームの謎を解くキーを握っている人は誰だろうか。

初放送から無限の想像力と予想を超える反転で爽快なゲームサスペンスを見せてきたtvN土日ドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」(脚本:ソン・ジェジョン、演出:アン・ギルホ)。

残り4話で、これまで積み上げてきたゲームの謎がどのように解かれるのか、お茶の間の視線が集まっている中、制作陣が「本日(12日)の夜は、最初のねじれが始まったゲームの顛末が明かされる」と伝え、期待を高めている。

過去12話の放送で、殺人犯として追い込まれる現実とサーバーが閉じ、ゲームに接続すらできない状況を打破するためにジヌ(ヒョンビン)は、ビョンジュン(キム・ウィソン)と同盟を結んだ。ビョンジュンに「狂ったゲーム」を証明したジヌは、ゲームを継続する時間をもうけ、ヒジュ(パク・シネ)がレンズをはめてゲームに接続し、エマに会うことにより"最後のクエスト"が近づいていることが予想される。

(2ページに続く)