「BLACKPINK」、“K-POPアイドル初”米最大ミュージックフェス「コーチェラ・フェスティバル」に出演へ

2019.01.04


韓国ガールズグループ「BLACKPINK」が米国最大のミュージックフェスティバル「コーチェラ(Coachella)」出演を確定すると、全世界の有力メディアが競って集中的に報じている。

ビルボードは3日(現地時間)、ことしのコーチェララインナップに対するファンの反応を分析した記事を通じて「去る2日、コーチェラが2019フェスティバルラインナップを公式発表した後、オンラインでは『K-POP4人組BLACKPINKがことしコーチェラに出演する予定」というニュースをめぐり、爆発的な反応があった」と評価した。「コーチェラの公式発表後、ファンが喜びと期待感をソーシャルメディアに表した」とし、「BLACKPINK」のステージに対するファンの期待を伝えた。

さらにビルボードは「2019コーチェララインナップで注目すべき5つ」という特集記事を通じて、コーチェララインナップに掲載された「BLACKPINK」を集中照明した。ビルボードは、過去数年間、ポップ市場で最も注目された音楽トレンドのうちの1つに“世界化”を挙げ、「米国主流市場でK-POPとラテントラップの影響力がますます深まっている」と説明した。「このような影響力をすぐに韓国の音源強者であるBLACKPINKが名を連ねたことしのコーチェララインナップポスターを通じて確認できる」と付け加えた。

米国を代表する週刊誌「TIME」は「韓国の4人組BLACKPINKが、Ariana Grande、Childish Gambino, Tame Impalaがヘッドライナーとして名を連ねた2019コーチェラミュージックフェスティバルのラインナップリストに含まれた」とし、「BLACKPINK」出演のニュースに注目した。

続けて「TIME」は「今回のコーチェラミュージックフェスティバルがBLACKPINKの公式的な米国デビューとなる」と伝える一方、「BLACKPINKが『』で最も早く(再生回数)5億回を達成したK-POPグループとなった」と紹介し、「BLACKPINK」のグローバルな人気を集中的に報じた。

一方、コーチェラ出演をはじめ、“歴代級のプロモーション”を予告した「BLACKPINK」は米国だけでなく、来る11日のバンコクを皮切りに、デビュー後初のワールドツアーを開催し、世界各地のファンと直接会う予定だ。

 

WOW!korea提供

 

  • 「BLACKPINK」、ワールドツアー5都市7公演が全席完売…チケット追加オープン
  • YG、「BLACKPINK」JISOOの誕生日祝電を公開…優雅、清楚、気品あふれる“女神美”
  • 「BLACKPINK」JENNIE、JISOOの誕生日を祝福
  • EXOカイ&BLACKPINKジェニーの熱愛報道に国民激怒…プライバシー侵害による廃刊主張国民請願登場