ド・ギョンス(EXOディオ)、「100日の朗君様」と映画「神と共に―因と縁」「スイングキッズ」で証明した俳優としての真価

 

また、1000万人の観客を越えてこの1年最高の成績を記録した映画「神と共に―因と縁」でも、短い分量だったが強烈な存在感をアピールして注目された。

またド・ギョンスは、12月19日に公開した映画「スイングキッズ」で収容所で最高のトラブルメーカーのロギス役で坊主頭の熱演と北朝鮮語、タップダンスなど限りない努力でキャラクターを立体的に表現し、作品の完成度を高めるという演技力を披露して老若男女全世代の観客の好評を得て熱風を引き継いでいる。

幅広い演技のスペクトラムを見せたド・ギョンスは、声で出演したアニメーション映画「アンダードッグ(The Underdog)」が1月16日に公開する予定で、また一味違った魅力をプレゼントすることを予告し、2019年にはいっそう輝くド・ギョンスの活躍が期待を集めている。

・ト・ギョンス(EXOディオ)、黙々とまっすぐにそれでより強い、誠実な演技の天才

・ド・ギョンス(EXOディオ)、”3000万観客動員「神と共に」は、忘れることができない最高の経験”

・ド・ギョンス(EXOディオ)、”チョ・インソン、イ・グァンスとはしばしば会って悩み相談をする”

・ド・ギョンス(EXOディオ)、”嬉しくて泣く両親を見て、ずっと両親が誇らしく思う息子でいたいと思った”

2018.12.31

blank