ク・ハラ(KARA)、日本ファンミで手紙朗読し涙… 「全て終わったと思う瞬間もあった」

2018.12.25

暴行、脅迫など元恋人との騒動で物議を醸した韓国ガールズグループ「KARA」のハラ(27)が、日本でのファンミーティングで涙を流しながらこれまでの感情を吐露した。

ハラは去る24日、神奈川県でファンミーティングを開催。日本ファンの前に登場した。騒動後、初の公式の場だった。

日韓メディアによると、ハラはファンミーティングのステージで手紙を朗読した。ハラは「ことしはうれしいことから悲しい出来事まで、たくさんのことがあった。”全て終わった”と思う瞬間もあったが、『がんばって!』『いつも応援している』『元気を出して!』と支えてくれるファンがいた。心から感謝の気持ちを伝えたい」と明かした。

報道によるとハラは、この手紙を読んでいた際、涙を流したという。観客らが声援を送ると「心配をかけてしまい、申し訳ない。そして、本当にありがとう」と頭を下げ、「まだ解決しなければならないことがあるが、いままで待っていてくれたファンのためにもっと努力する」と決意を新たにした。

 

WOW!korea提供

  • ク・ハラ(KARA)、12月開催の日本ファンミのポスター公開
  • ク・ハラ(KARA)、日本ソロファンミ開催決定!12月24日・神奈川県民ホール
  • ク・ハラ(KARA)、日ファンミ開催決定を直筆の手紙で伝える…”激励と応援が大きな勇気になった”
  • ク・ハラ(KARA)、12月に日本でファンミーティング開催決定