「取材レポ」IZ(アイズ)“「またすぐ日本に戻ります!」とファンに約束!”日本ツアーのアンコールライブでカッコイイ&可愛いのギャップを披露!

2018.12.04

11月30日(金)、韓国の美少年実力派アイドルバンドIZ(アイズ)が、今年2回目の東京ツアー「IZ 2018 TOKYO LIVE TOUR “ALL IZ ON ME”」のアンコール公演を東京・新宿Renyで開催した。

IZは、防弾少年団を作り上げたプロデューサーのパン・シヒョクが、彼らのアーティストとしてのポテンシャルを認め、2ndミニアルバムのプロデュースを担当したことでも話題となった4人編成のバンド。

オープニング映像が流れると同時に、フロアにいるファンのペンライトが一斉に光を放ち、会場の熱が上昇し始める。1曲目は、今年5月にリリースした「Angel」から。静かなリズムから走り始めるミドルナンバーでファンの心を一気に掴みにかかる。間髪入れず「Ole Ole」へ。激しく重厚な楽曲で、早くも多様なジャンルを持った姿を見せつけた。3曲目の「Heartbeat」では、ボーカルのジフがステージ左右へ動き回りながら、ファン1人1人の顔を確認するかのように歌い、走る。「今日は来てくれてありがとうございます!」とジフが叫ぶと、ファンもペンライトと声援で彼らに応える。

(2ページに続く)

・ナム・ジュヒョク、キム・ヨングァン、IZ(アイズ)など 11月のKchan!はフレッシュイケメン特集! 大反響の過去回をお届けする「Power of K リクエスト」も配信♪

・「個別インタビュー」“美少年実力派バンド”IZ(アイズ)、11月2度目の東京ツアーに向け意気込み!「楽しく弾けた、一体感のあるライブにしたいです」

・美少年実力派アイドルバンド【IZ(アイズ)】日本上陸!

・Big Hitパン・シヒョク代表がプロデュース手掛けた「IZ(アイズ)」、ニューアルバムでカムバック