「インタビュー」“5人体制でカムバック”7 O’CLOCK「再びデビューするという覚悟で準備…目指すは防弾少年団」

2018.11.06

写真=10asia

 

7 O’CLOCKは昨年3月に「1日を始める午前7時と、1日を終える午後7時に、皆に歌で幸せを与えたい」という夢と共に、1stミニアルバム「Butterfly Effect」を発売してデビューを果たした。

それから1年7ヶ月が過ぎた現在、7 O’CLOCKには多くの変化があった。メンバーのVaanが脱退して5人体制でチームが再整備され、リーダーのA-Dayとヨンフンはそれぞれ“ハンギョム”と“イソル”に活動名を変えた。またハンギョムは、JTBC「MIX NINE」に出演して最終デビュー組に選ばれたものの、デビューが白紙となってしまった。

最近発売した2ndミニアルバム「#7」には、そんな彼らの痛みが溶け込まれており、どのような事を経験しても夢に向かって走っていく青春の姿を描いているという。再びデビューするという気持ちでカムバックしたという5人のメンバーたちは、活気に満ちた姿を見せている。

Q.「MIX NINE」でのデビュー白紙化が確定されてから、ハンギョムさんはどのように過ごしてきましたか?

ハンギョム:7 O’CLOCKのカムバックに向けた練習に打ち込んでいました。自作曲もたくさん書きました。デビューの白紙化はある意味で、音楽的に成長できるきっかけになったと思います。メンバー達が宿舎でサプライズパーティーもしてくれました。マネージャーと一緒に一度宿舎の外に出て帰ってきたら、メンバー達が「大丈夫、ソン・ハンギョム」と書かれたプラカードと風船を持って僕を迎えてくれました。本当に感動しました。

Q.7 O’CLOCKは1年以上の空白期を持ちましたが、他のメンバーたちはどのように過ごしていましたか?

イソル:「MIX NINE」の放送終了後には、SBS月火ドラマ「愛の温度」のOSTに参加したり、YouTubeでコンテンツを披露するなどして才能をアピールしてきました。

ヒョン:一番重要なのはファンとの交流だと思ったのでQ&Aや心理テストなど、様々なYouTubeコンテンツを作ってみました。

ジョンギュ:音楽的にさらに発展するためにも努力しました。元々はボーカルを務めていたのですが、今回はラップメイキングにも挑戦し、サブラッパーとしての姿も初めてお見せできるようになりました。

テヨン:音楽においてもっと広い視野を持ちたかったので、作曲の練習をしてきました。

(2ページに続く)

・Seven O’clock、2ndミニアルバム「#7」ハイライトメドレーを公開…爽やかで気品のある魅力

・「 Power of K in Japan 2018 」ホ・ヨンセン、キム・キュジョン出演決定!カラム、7O’Clockも出演!

・「個別インタビュー」7O’Clock「MIX NINE」からデビューメンバーも!“日本活動も計画中…まだ未熟なところがグループの魅力です”

・「取材レポ」K-POP界の新星7O’Clock(セブンオクロック)が日本映画主題歌に初挑戦! 映画「ラーメン食いてえ!」初日舞台あいさつ開催