「私一人で暮らす」東方神起ユンホ、姪っ子愛も富豪級“光州の息子”

2018.09.08

大人気グループ東方神起のユンホが、姪っ子への愛情を見せた。

7日午後放送されたMBCの「私一人で暮らす」では、ユンホと姪っ子の初めての出会いが描かれた。

ユンホは「実は僕の人生においてとても大切な人に会いにきた。 女性で、とてもドキドキし、ときめいていて、 話をきちんとできない」と、光州(クァンジュ)の実家を訪ねた。実家に行ったが両親は留守中で、実の妹“チエ”さんに電話をかけた。 そして、姪っ子“ウンチェ”に会いに行った。

ユンホは「今回生まれた僕の姪っ子に会いに行くところ。 生まれて50日くらいになった」とし、「天使かと思った」と、初めての所感を伝えた。

それこそ“姪っ子バカ”だった。 ユンホはウンチェを抱いてとても喜ぶ姿を見せた。 これに対しSimon Dは「数カ月後の自分の姿だ。 弟がいるが、12月に娘が生まれる」と、話した。

パク・ナレは「どうしてそんなにSimon Dの家ことを皆知ってるのか」という質問に「お母様が話してくださってお母様が(その時は)来いとおっしゃった」と、話して笑いを誘った。

妹の旦那さん、ウンチェパパはユンホの友達の友達だという。 ユンホは「妹が付き合ってることを知って、友達にどこの学校を出たのか調べてみてといった。」と、話して笑わせた。

ユンホはウンチェとペアルックを着て育児にも情熱を燃やした。 ミルクを飲ませて、ベビーマッサージ、おむつがえ、寝かしつけなど“情熱富豪”の面を見せた。ウンチェパパは「絶対寝かしつけられない」と、遠く離れたところで初めてひとこと言って笑いを誘った。

ユンホは「妹と話すのに妙な感じだった。 その間海外スケジュールでとても忙しかった。 どうしても光州なのでなかなか時間が合わなかった。 申し訳なかったり、感心したり、妹が僕よりおとなになった。 変な感じだ」と、話した。
(2ページに続く)