「インタビュー」SUPER JUNIORドンヘ、"ウニョクとは一度もケンカしたことがない"

2018.08.15

なんといっても国内外で忙しいスケジュールをこなすSUPER JUNIORのメンバーなので、ドンヘはアルバムを一緒に作業したスタッフたちに対する感謝の思いも忘れなかった。

彼は「僕は、アルバムの仕事をしてくださる職員の方が本当に大変だったと思います。ふたりでして楽なようにとても神経を使って作業しました。3年5ヶ月の間、僕らふたりを待ってくださった方にも、なんとなく作っても僕らも愛着がいかないだろうし、神経を使わなければならないと思いました。今回の海外ツアーをしながら日本でのフルアルバムを準備するなど、ずっと海外とフィードバックを交わすので、行くことができないという思いで息苦しいと思いながらも正確にしたかったです」として、「たくさん助けてくださったぶん感謝して、一緒に作るアルバムだからそのぶん愛情が深いです。今回のアルバムの全曲を最愛の曲だと考えています」と明らかにした。

またドンヘは「僕たちふたりがそんな意志を持ってあきらめなかったら、今後もいくらでもできると思っています」として、D&Eに対する愛情を見せた。

今回のアルバムには、ウニョクが韓国のアルバムに初めて自作曲を収録した。ヒップホップジャンルの「Illusion(Obsessed)」がまさにその主人公だ。ウニョクは「コンセプトや歌詞の内容がストレートで強い雰囲気の歌です。ビートもとても強いヒップホップ曲です。実は、以前からこんなヒップホップが好きでした。本当に幼い頃はエミネムやラップ、ヒップホップが好きでしたが、ソロをするならそんなヒップホップをしたくて初めて自作曲を作るようになりました。曲を作る時はいつもステージを思いながら作ります。コンサートでは、またどんな新しい姿をお見せできるかといろいろ考えながら作った曲なので、ファンの方も楽しんで聴いてくださったら嬉しいです」と語った。

これに対してドンヘは「本当に僕がしない音楽なのですごく新鮮でした。ソロ曲については会社でもどうするつもりなのかと聞かれて、各自がしたいジャンルだけ決めて、あとは作業が終わって聴かせましたが、本当に違ったジャンルを作りました。ウニョクも韓国のファンのみなさんに初めておきかせする自作曲なのに驚きでした。ラップもメロディー面においてもインストラクションみたいなものも僕がこうなるだろうと思っていた予想から大きく外れていました。ウニョクの歌などもステージでお見せした時にずっと印象深いだろうという気がします。ウニョクがとてもかっこよくてセクシーに映るだろうという気がしました」ととても褒めた。

(3ページに続く)

・SUPER JUNIOR ドンヘ&ウニョク、新曲「Bout you」予告映像第2弾を公開…甘い歌詞に注目

・「SUPER JUNIOR」リョウク、ソプラノ歌手チョ・スミとステージを披露

・SUPER JUNIORイェソン&ドンヘ、台湾から大阪へ…グローバル韓流スターの歩み

・SUPER JUNIOR-D&E 2018年8月8日発売NEW ALBUM「STYLE」のリリースを記念して、「STYLE CAFE」期間限定オープン!!