「取材レポ」踊るイケメンバンドLedapple♡ライブの聖地渋谷公会堂で新曲6曲初披露!!

IMG_7797韓国NO.1イケメンバンドと呼び名の高い“Ledapple”が、2014年8月2日(土)東京・渋谷公会堂にて「Ledapple Special Live 2014 “JUMP!”」を開催した。1部は、同会場にてリハーサル見学・写真撮影&ハイタッチ会、2部ではライブが開催された。

0K1A0195
Ledappleは2010年韓国でデビュー。2012年には第20回大韓民国文化芸能大賞歌謡部門アイドル新人歌手賞受賞した。その後2013年7月31日に「KISS TOUR」で日本デビュー。2014年1月31日SHIBUYA-AXでのワンマンライブを皮切りに、ワールドツアー成功させ、今や韓国、日本のみならず、世界でも注目されるLedapple。日本デビュー1周年を迎え、ライブの聖地と言われる渋谷公会堂でのライブ開催について、メンバーはライブ前の取材で「いつも大きな公演の前は緊張しますが、今日もやっぱり緊張しています。でも、新曲も初披露しますので期待していてください!」と意気込みを語った。

0K1A9905IMG_0007IMG_0116

この日は午前中から30度を超える暑さの中、たくさんのファンが集まった渋谷公会堂。ライブ前にはCDを購入するファンや、ロビーに飾られたお花を写真におさめたり、会場内は早くもファンの熱気で溢れていた。開演前には「Ledapple」コールが鳴り響き、ワンマンライブの始まりを今か今かと待ち望むファンの姿が見られた。暗転するとステージ全体を覆う薄いカーテン越しに見えるLedappleの姿にファンは大興奮。メンバーが手拍子を誘うとファンはすぐに反応し手拍子を始めた。「How dare are you」「Someone met by chance」「Run to you」「Bad boys」と4曲連続で演奏され、「Bad boys」ではファンの掛け声も揃い、グァンヨンが歌うとファンの声援も一層大きくなった。

IMG_0359 IMG_0526「こんにちは、あなたのバンドLedappleです」と全員で声を合わせてあいさつをし、「みなさん今日は来てくれてありがとうございます!」とギュミンが感謝の言葉を伝え、メンバーの紹介へ。最初に紹介されたのはヒョソク。「こんにちは、ヒョソクです」というあいさつに続けて、ドラム演奏を披露。続いてはグァンヨン。「こんにちは、グァンヨンです」とグァンヨンも自己紹介の後にベースを弾きならす。そしてギターとリーダーのヨンジュンと紹介されるとギターパフォーマンスを披露し「ヨンジュンです!」とあいさつ。メンバーがそれぞれの楽器を弾くと悲鳴のような歓声が上がり、バンドならではの楽器を弾きながらのメンバー紹介に会場が熱狂。そして「集まってくれてどうもありがとうございます。Ledappleのハンビョルです」、「こんにちはギュミンです!今日僕たちのコンサート盛り上がって行きましょうか!!!」とボーカルの二人もあいさつを終えるとそのまま盛り上がった雰囲気で「ギミ・君・LOVE」へ。ファンへとマイクを向けるギュミンに応えるように、歌声を返すファン。サビの部分ではファンも振付を完ぺきに合わせて一体感を見せつけた。

IMG_1015IMG_1161

 

アップテンポの曲が続く中、「Going to you」ではゆったりとしたリズムにギュミンとハンビョルの歌声に酔いしれ、ファンは肩を揺らした。その後披露された「Time is up」では前奏の時計の針の音を聞いただけでファンから大歓声が上がり、この曲の人気がうかがえた。会場のファンはスポットライトで照らされたグァンヨンの名前を呼び、ヨンジュンのギターとヒョソクのドラムパフォーマンスにも歓声を上げた。

IMG_7170IMG_7359

IMG_7371「僕が音楽を始めてから2番目の人生に出会い、また笑う事ができました。その笑顔の裏にはいつもみんながいました。僕が笑顔でいられる理由はただみんなが居たからです。みんなもつらいことを忘れて、笑ってください。Ledappleがみんなを笑顔にします」とハンビョルが語り、「Smile again」へ。夏らしいハッピーチューンにファンも全身でリズムを感じている様子であった。続けて歌われた「Who are you~愛のフラワー~」でもハンビョルとギュミンと同じ動きでファンはLedappleと息を合わせた。

IMG_7607IMG_8607 0K1A0187ボーカルの二人が舞台から去り、ヒョソクがスポットライトで照らされ、ドラムソロが始まる。だんだんと激しくなるそのパフォーマンスにファンも興奮と驚きの様子を見せた。ヒョソクのドラムに、グァンヨンとヨンジュンも加わり演奏を披露。床から伝わる音に心地良さを感じながら、3人のバンドパフォーマンス力に圧巻。

IMG_7977IMG_8281IMG_8344IMG_8367IMG_8433

再びステージにギュミンが登場し、キーボードの前へ。ハンビョルも再登場し、「いま、僕の名前を呼んで」と「帰りたくなったよ(原曲:いきものがかり)」をしっとりと歌い上げた。最後はギュミンもまたステージ中央に戻り、ハンビョルと一緒に「Baeban」「Let the wind blow」「Fly high」を歌い上げ、本編は終了した。

IMG_8720IMG_8822IMG_8950IMG_8953 IMG_9731「Kiss Me」が発売予定というアナウンスが会場に鳴り響き、アルバム収録曲6曲すべてが披露される事になったことが告げられると、観客は大興奮。Ledappleがステージに揃い、最初に披露されたのは「Because of you」。ドラムのヒョソク以外のメンバーが集まってセクシーな動きを見せると黄色い声が飛び交った。 「Moonlight」を続けて歌い。「どうでしたか?」とファンの感想を聞くハンビョル。ライブ開始前に「新曲を披露するのは楽しみでもあるがみなさんがどのように受け入れてくださるか心配でもある」と語っていたように、ファンの反応を一人ずつに確かめるように目を合わせた。

IMG_9022IMG_9370IMG_9814

続いては、「今韓国でドラマのオリジナルサウンドトラックになっています。今人気のあるドラマなんですよ。その曲の日本語バージョンを聞いてください」と紹介して「Call my name」へ。会場に居るファンの事を「みなさんはBeautiful Woman!次の曲もBeautiful Woman」とファンを喜ばせ「Beautiful Woman」「Little wings」を歌い、最後にはアルバムのタイトル曲の「Kiss me darling」を歌い、サビの部分では投げキスのようなフリを見せた。新曲6曲すべてを歌い終えるとギュミンが「8月にヨーロッパツアーを行いますが、ヨーロッパ凱旋ワンマンライブが決定しました!10月19日に豊洲PITで行われます。みなさんの応援よろしくお願いします。詳しくはHPを見てください」と告知し、アンコールも終了。会場には照明が点けられ公演終了のアナウンスが流れるが、ファンからのアンコールが鳴りやまない。そこへヒョソクが一人ステージに戻り、他のメンバーもステージに揃い、「もう1曲欲しい?メンバーが新曲の中で一番好きな曲だと言っています」とハンビョルが話し、この日2度目の「Kiss me darling」披露へ。ファンの反応も良く、すでに「Kiss me darling Kiss me darling」と一緒に歌うファンの姿も見られた。この曲を含み全26曲を歌い、「来て下さって本当にありがとうございました」とステージ右、センター、左の順にすべてのファンに感謝の言葉を語りかけるようにあいさつをし、ステージを後にした。

IMG_1308IMG_1333

写真提供:©STARKIMentertainment
取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

囲み取材レポはこちら! >> Ledapple 「渋谷公会堂という大きな舞台に立てるのは本当に光栄です!」

 

■オフィシャルサイト LEDA Japan official website http://ledapple.jp/

 

■Ledapple JAPAN BIG LIVE 2014~Kiss me~
会場:豊洲PIT http://www.team-smile.org
東京都江東区豊洲6丁目
日時:2014年10月19日(日)
★1部 13:30開場/14:00開演
★2部 17:30開場/18:00開演
チケット料金:全席座席指定税込み
S席10,800円(プレミアムチケット特典付き)※特典後日詳細
A席 8,000円
※4歳以上入場可
チケット販売については後日発表予定

 

■Mnet 出演番組情報
『LED HOLIC』
本放送:毎週(水)午後9:15~9:45
再放送:毎週(金)午前11:30~昼0:00、毎週(月)午後4:00~4:30
LedappleのMnet Japanオリジナル密着番組
※8/13最終回
『M-time』
本放送:毎週(木)午後9:15~9:45
再放送:毎週(土)午後6:30~7:00、毎週(月)午後4:30~5:00
LedappleメンバーがMCを務めるMnet Japanオリジナルエンタメ情報番組

 

■チャンネル情報
韓国100%エンターテインメントチャンネル【Mnet】
スカパー!、全国のケーブルテレビほかで視聴可能
Mnet カスタマー TEL:03-3502-3141 (Weekday 10:00-12:00/13:00-18:00)
Mnet ホームページ jp.mnet.com/jtv/
Mnet Facebook Mnet Japan
Mnet Twitter @Mnet_Japan
Mnet Japan Youtube http://www.youtube.com/user/MNETJAPAN

 

2014.08.05

blank