“命に別状なし”…KangNam、車両5台の玉突き事故に巻き込まれ近隣病院へ

歌手KangNamが、スケジュールのため、移動中に5台が絡む玉突き事故に巻き込まれた。 幸い負傷は大きいものではないと明らかになった。

KangNamの所属事務所によるとKangNamは、28日スケジュールのため移動中、京釜(キョンブ)高速道路で5台が絡む玉突き事故に巻き込まれた。 KangNamの乗った車が急停車しながら、事故が発生したと見られている。

事故発生直後、車に乗っていたKangNamとスタッフは近隣の病院に搬送された。 現在、病院で検査を受けて結果を待つところだと知らされた。

幸い命には別状がなく、負傷の程度も大きくないと確認された。 KangNamの所属事務所の関係者は28日、OSENの取材に対し「正確な体の状態は検査結果が出てみないとわからないが、幸い大ケガではなかったと伝え聞いた」と、話した

KangNamは今年の初め、A型インフルエンザでSBSの「ジャングルの法則」の撮影に参加できないなど、体調不良を見せたことがある。 以後、健康を取り戻して多様なバラエティーで活躍してきた。

また、先週までは歌手テ・ジナと一緒に出したデュエット曲「ジャンジギジャン」で活発に音楽放送にも出演した。このように休む暇もなく活動してきたKangNamの突然の事故に、多くの人々も驚きを隠せずにいる。

検査結果が出るには多少時間がかかるものと見られる。スケジュールも当分“一時停止”になる可能性が高い。

2018.04.28

blank