「取材レポ」JBJ“ファンの前で歌って踊れることの幸せを感じました”ワールドツアーファイナルコンサート「JBJ 1ST CONCERT JOYFUL DAYS IN JAPAN」開催

2017年、韓国で大ヒットしたオーディジョン番組「PRODUCE101」に出演し、ファンの熱い要望により異例のデビューを果たした大人気グループ“JBJ”。日本ではファンミーティングを2度行い、単独コンサートは今回が初となる。4月10日(火)に、韓国・ソウル、バンコク、ジャカルタなど世界各国で開催してきたワールドツアーファイナルコンサート『JBJ 1ST CONCERT JOYFUL DAYS IN JAPAN』を東京・東京体育館で開催した。

昨年10月にデビューしたばかりのJBJだが、会場にはたくさんのファンが集まり、メンバーの登場を今か今かと待ちわびた。照明が落ち、メンバーがステージに姿をあらわすと割れんばかりの黄色い歓声があがった。オープニングは「꽃이야」と「Moonlight」からスタート。ファンの掛け声もバッチリで早くも会場はひとつに。

「本当にこんな大きな会場でコンサートすることができて感謝しています。こういう大きい会場で公演ができるというのはうれしいことですけど、僕たちがこれだけたくさんのファンを受け入れられる器になっているのかということを真剣に考えています」と、サンギュンの謙虚な姿勢にファンからは大きな拍手が送られた。

(2ページにつづく)

2018.04.28

blank