堂々としたソロSamuel…「プロデュース101」の良い例

2018.04.21

去年4月に始まったMnet「プロデュース 101」シーズン2を通じてたくさんの参加者達たちがデビューの夢をつかんだ。

Wanna Oneをはじめとして生放送の20人に選ばれた参加者たち皆がデビューし、 NU’ESTは光を浴びない日々を抜け出し、ファン・ミンヒョンはWanna Oneで、その他のメンバーたちはグループに帰って最高の全盛期を迎えている。イム・ヨンミンはBRANDNEW MUSIC初のアイドルとしてキム・ドンヒョンと共に MXMでデビューした。それ以外にも脱落したメンバーの中には、それぞれファンの願いを込めて JBJとRAINZという名前のグループで活動もしている。その他にもデビューの夢をつかんだ歌手は多い。

ここにBraveエンターテインメント所属の練習生からソロのミュージシャンに華やかに変身したSamuelは、「プロデュース 101」の良い例の一つに挙げられる。グループ名などではなく、異例に自分の名前のみをかけてデビューした彼は、まだ16歳という幼い年齢が信じられない、素晴らしいパフォーマンスに魅力的な音色、卓越したステージ消化力で成長を続けている。

(2ページにつづく)

  • 歌手Samuel、16日にシングル「冬の夜」を発表…”誕生日を記念してファンにプレゼント”
  • Samuel、6日「2017 Yahoo Asia Buzz Awards」出席..グローバルスター立証
  • 今年16歳ながら多彩な才能あふれるK-POP男性ソロアーティストSamuel[サムエル]、日本デビューが決定!
  • 歌手サムエル、「僕の原動力は音楽…トイレでも口ずさむ」