俳優チャン・グンソク、ドラマ「スイッチ」で検事と詐欺師の1人2役に挑戦…今日(28日)初放送

今日(28日)初放送する「スイッチ」が、前作である「リターン」の成功を引き継いでいくのかに注目が集められている。

28日午前、ソウル木洞(モクドン)SBSで、SBS新しい水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」(以下、「スイッチ」)の制作発表会が行われた。

「スイッチ」は、詐欺師がふとしたことで検事になったサ・ドチャンが、法を悪用して生きる者たちをこらしめるという痛快な詐欺劇だ。チャン・グンソクの2年ぶりの復帰作であり、1人2役への挑戦で話題を集めた。彼は、天才詐欺師サ・ドチャンと検事ペク・ジュンスを同時に演じることになる。またハン・イェリは熱血検事オ・ハラ役でチャン・グンソクと息を合わせる。

入隊前最後の作品であるため、チャン・グンソクが「スイッチ」に取り組む姿勢は特別なものがある。「とても責任を感じる」と明らかにしたチャン・グンソクは、「人生のキャラクターを作りあげるために努力しています」と覚悟を伝えた。それとともにチャン・グンソクは、映画のような華やかなシナリオが長所だと語った。手に汗を握って見るドラマになるだろうと説明した。

(2ページに続く)

・「スイッチ」チャン・グンソク、共演ハン・イェリについて「いままでの相手役で一番!信頼できる女優」

・「スイッチ」チャン・グンソク、入隊前最後の作品に「責任感が大きい」

・「PHOTO@ソウル」俳優チャン・グンソク&ハン・イェリら、ドラマ「スイッチ」の制作発表会に出席

・俳優チャン・グンソク、女優ハン・イェリが自分のことを好きだと勘違いしたことを明かす

2018.03.28

blank