故ジョンヒョン(SHINee)が楽曲「ワッフル(#Hashtag)」に込めた思い…直接的な歌詞が話題

故ジョンヒョン(SHINee)が楽曲「ワッフル(#Hashtag)」に込めた思い…直接的な歌詞が話題

悪質な書き込みが殺人を犯す時代だ。20年前もそうで、10年前もそうで、いまもそうだ。

韓国アイドルグループ「SHINee」ジョンヒョン(享年27)の遺作に収録された「ワッフル(#Hashtag)」は言葉にもならないデマで悪質な書き込み(アップル)を量産する、暇な“人生敗北者”を正確に皮肉る歌だ。ワッフル(韓国読み:ワプル)の形がSNSのハッシュタグ(#)を連想させ、発音が“アップル”と類似していることから、こうした歌のタイトルが誕生した。

歌詞はより直接的だ。「ワッフル食べて。君も一度噛んで。アップル(悪質な書き込み)を喰らって」、「あの子とあの子が喧嘩したんだって。そうなんだって。どうでもいいけど」、「おい、そんなこと言っていいの?何だ、駄目な理由はないだろ。まあ、なんとなくうまく生きるのだろう」などと続く歌詞はデマと書き込みを量産する彼らの“行動”を告発する。

(2ページに続く)

 

<トレンドブログ>「SHINee」KEYがSNSに故ジョンヒョンの生前の動画を公開する。

故ジョンヒョン(SHINee)、新アルバムの一部収録曲がKBSで“放送不適格”に

故SHINeeジョンヒョン、「僕たちは春が来る前に」のMV公開…“必ず会いましょう”

故SHINeeジョンヒョンが残した光り輝く音楽の数々…iTunes24カ国で1位

 

2018.01.25

blank