日本ドラマ「Mother」韓国版、イ・ボヨンらの台本読み合わせ現場を公開

写真=tvN「Mother」

 

イ・ボヨン、イ・へヨン、コ・ソンヒ、イ・ジェユンが出演する新tvN水木ドラマ「Mother」の台本読み合わせ現場が公開された。

「賢い監房生活」の後番組として、2018年1月に韓国で初放送を予定している「Mother」側は、俳優たちのキャスティングと共に、台本読み合わせ現場を公開した。

「Mother」は東京ドラマアワード4冠などを受け、完成度の高い最高の日本ドラマとして数えられる、同名の日本ドラマを原作にした作品だ。傷ついた少女(ホユル)のためにその少女の母になることを決めた女性(イ・ボヨン)のストーリーを描く。

最近行われた台本読み合わせ現場には、キム・チョルギュプロデューサーとチョン・ソギョン作家を始めとし、イ・ボヨン(スジン)、ホユル(ヘナ)、イ・ヘヨン(ヨンシン)、コ・ソンヒ(ジャヨン)、イ・ジェユン(ジンホン)などが総出動した。

傷ついたヘナの母親になろうとする小学校臨時教師スジン役のイ・ボヨンは「“母親”だからこの作品を選択するしかなかった」と話し、母性愛の込もった演技を披露した。シーンによって声のトーンを自由自在に調節し、現場の人々を集中させる力を見せた。

(2ページに続く)

 

<トレンドブログ>俳優イ・シオンの本名は“イ・ボヨン”。女性らしい名前のせいで誤解を呼んだ!?

イ・ボヨン、日本ドラマ「Mother」のリメイク版に出演確定…松雪泰子が演じた母親役

女優イ・ボヨン、韓国版「Mother」出演を確定… 編成時期は未定

俳優チソンXイ・ボヨン夫妻、tvNリアリティ番組「新婚日記」出演は不発に

2017.11.23

blank