防弾少年団、“「アメリカン・ミュージック・アワード」で韓国語の歌をお聴かせできて光栄”

写真提供=Big Hitエンターテインメント

 

人気アイドルグループ防弾少年団が、K-POPグループとして初めて「2017アメリカンミュージックアワード(American Music Awards)」(以下、「AMAs」)のステージを終えた心境を明らかにした。
防弾少年団は19日(現地時間)、カリフォルニア州ロサンゼルスのマイクロソフトシアター(Microsoft Theater)で開催された「2017 AMAs」で全世界的に愛された「LOVE YOURSELF承‘Her’」のタイトル曲「DNA」を披露した。

この日「AMA」は、防弾少年団を授賞式で最前列に立たせて、公演の順序も「功労賞」を受賞したダイアナ・ロス(Diana Ross)の公演の直前に配置し、事実上の授賞式のハイライトを飾るという特別待遇をプレゼントした。
世界的なDJデュオ「ザ・チェインスモーカーズ(The Chainsmokers)」も「インターナショナルスーパースターと呼んでも不足だ」と防弾少年団を紹介して防弾少年団の世界的な位相を再度証明した。

(2ページに続く)

 

「防弾少年団」、AMAステージに上がった心境明かす 「夢のようだった」

人気俳優アンセル・エルゴート、SNSで「防弾少年団」との記念ショット公開

「AMA 2017」防弾少年団、米デビューでK-POPの新しい歴史を開く

防弾少年団、ザ・チェインスモーカーズと「AMA」で再会

2017.11.20

blank