「THE UNIT」投票順位発表、キム・ティモテオ&ヤン・ジウォン1位

「THE UNIT」最初の国民ユニット投票中間結果が発表され、キム・ティモテオとヤン・ジウォンが1位に選ばれた。

18日に放送されたKBSアイドル再起プロジェクト「THE UNIT」では、制作費5億ウォンのミュージックビデオの主人公になる最初のミッションを準備する126人の姿が描かれた。

合宿が始まり、ユニットごとに練習を始めた。ガールズユニットのブラックチームは満場一致でヤン・ジウォンがリーダーになり、ダンスに自信のある「Wassup」ナリが振付を担当。頼もしい姿を見せ、一日で振付コピーを完了した。オレンジチームはリーダーにハン・アルムが志願し、「もともとリーダーシップがある。前のグループでは、私が後から入ったので、できなかった。今回その無念を晴らせたようだ」と満足感を示した。そして、センターには元Aprilのイ・ヒョンジュが選ばれた。

一方、ボーイズユニットのレッドチームはスーパーブートと6ブートメンバーのFeelDogらが集まり、アベンジャーズ組という修飾語が付き、ほかの参加者から牽制された。バンド「MAS」が所属しているホワイトチームは、ほかの参加者から注目されなかったが、デウォンがバンドメンバーを引っ張り、一生懸命練習した。

最終評価が近づき、ガールズユニットのブラックチームのリーダー、ヤン・ジウォンは練習段階からダンスに弱い姿を見せた。何度やっても1テンポ遅れ、グループに迷惑をかけた。やはり、最終評価でも酷評された。オレンジチームはメンバー同士の葛藤で、チームワークに問題が生じ、ガールズグループのエースが集まったレッドチームはダンスを踊ったことのないメンバーのせいで、危機があったが、最終評価では上手くやり遂げ、拍手を受けた。ブルーチームの最年長JOOは声の調子が悪く、未熟なダンスの実力でチームに溶け込めず、酷評を受けた。


ボーイズユニットの誰もが期待していなかった「MAS」が所属するホワイトチームは、デウォンのリードが功を奏し、中間評価と最終評価でも良い評価を受けた。問題児が集まったオレンジチームは酷評を受けた。グリーンチームは「U-KISS」ジュンのリードで練習をしていたが、ジュンが足首の負傷でギプスをすることになり、危機に陥った。アベンジャーズ組と呼ばれたレッドチームは、中間評価は酷評だったが、練習を経て、良いステージを作り上げた。ブルーチームは学芸会にも劣ると酷評された。イエローチームはダークホースに浮上した。

「My Turn」の主人公は126人の参加者が、全チームのステージを見た後、自分のチームを除き、ボーイズチームとガールズチームの1組ずつを選ぶ方式で行われた。男女とも、7位はオレンジチーム、1位はレッドチームだった。

WOW!korea提供

「THE UNIT」、最初のミッションの合宿現場公開…笑いと感動のドラマが始まる

U-KISSジュン、「THE UNIT」の練習中に足首負傷

「THE UNIT」制作サイド、ドンヒョン(BOYFRIEND)が負傷にも「ミュージックバンク」に出演したことに感謝を示す(公式)

【公式】「THE UNIT」側、「BOYFRIEND」ドンヒョンの負傷について「治療受け収録再開」

2017.11.19

blank