「イベントレポ」『'17 JAPAN CONCERT Say the name #SEVENTEEN』きらめくダイヤモンドのような光を放つ圧巻のダンスとキュートな魅力で5万人を魅了

韓国の13人組ボーイズグループSEVENTEENが2月22日(水)、横浜アリーナで『'17 JAPAN CONCERT Say the name #SEVENTEEN』を開催した。
2015年にミニアルバム『17CARAT』で韓国デビュー。以来、昨年12月にリリースした3rdミニアルバム『Going Seventeen』はオリコンの週間CDアルバム第4位を獲得、韓国でも数々の賞を受賞するなど、人気・実力ともに認められるアーティストへと瞬く間に駆け上がっているSEVENTEEN。

昨年夏に大阪と東京で開催した日本初公演には座席数1.2万席に対し、35万もの申し込みが殺到。2回目となる日本コンサートタイトル『Say the name #SEVENTEEN』には、「昨夏会うことができなかった日本のファンの方たちにあらためて自己紹介をする」という意味が込められている。2月15日からスタートした神戸4公演、東京2公演のチケットはすべてソールドアウトで、延べ5万人を動員。SEVENTEENの単独コンサート史上最も大きなステージとなる横浜アリーナで、ついに最終日を迎えた。

会場のライトが消え、『Going Seventeen』のタイトル曲『BOOMBOOM』のミュージックビデオがスクリーンに映し出されると、暗闇に浮かんだペンライトの海が大きく揺れ始める。「SEVENTEEN!」「サランへ!」オールスタンディングとなったファンのかけ声と音楽が溶け合うなか、ブラックアンドホワイトのオープニングビデオが流れ、会場が暗転。ブルーの光の中に13人の姿が現れると、大きな歓声に包まれた。


バーノンのラップで口火を切ったのは、『BOOMBOOM』。スローなテンポからアップテンポに切り替わる、リミックスバージョンだ。強い視線を送るジョシュア、斜め視線のウォヌ、ハイトーンを響かせるドギョム。メンバー一人ひとりの表情をカメラが捉えるたびに、客席からはどよめきの声があがる。ゴールドとブラックのジャケット、黒のパンツに身を包んだメンバーは『NO F.U.N』を歌いながら、せり上がったステージとともにアリーナ後方へ移動するサプライズ。まさにダイヤモンドのように輝くペンライトの波の中でアリーナに浮かびながら歌う『SHINING DIAMOND』。一糸乱れぬパワフルなダンスに、アリーナ席もスタンド席も一気に熱狂の渦に巻き込まれていった。(2ページに続く)

2017.03.29

blank