「CRAYON POP」の新曲、”日本的な表現”でKBSより放送不適合判定

「CRAYON POP」の新曲、”日本的な表現”でKBSより放送不適合判定

韓国ガールズグループ「CRAYON POP」の新曲「オイ」がKBSで放送不適合判定を受けたことがわかった。

KBSの関係者は3日「最近行われた歌謡審議結果『CRAYON POP』の『オイ』が日本的な表現の使用により、放送不適格判定を受けた」と明らかにした。

これに対し所属事務所クロムエンターテインメントの関係者は「歌の歌詞を修正してすぐに再審議を申請した」と明らかにした。

2014.04.03

blank