「個別インタビュー」JJCC、新曲「FREEDOM」で6人6様の魅力発揮!「低音・高音・甘ボイス、そして“エディネム”にも注目してください!」

ok_1左から、イコ、ユル、エディ、サンチョン、ジカ、シンバ

世界的アクション・スター、ジャッキー・チェンがプロデュースした初のK-POPボーイズグループとして、今年5月に「今すぐに」で日本デビューを飾ったJJCC(ジェイジェイシーシー)が、11月16日(水)に日本先行発売となる2ndシングル「FREEDOM」をリリース!

リーダーのSinBa(シンバ)を筆頭に、リードボーカルのEdd(エディ)、San Cheong(サンチョン)、E.co(イコ)、Zica(ジカ)、Yul(ユル)の6人構成で、発表する曲ごとにイメージを変えていく“進化系ボーイズグループ”のJJCC。メンバーが作詞・作曲に参加し、「等身大のJJCC、初めてこれがJJCCだ!と言い切れる曲」だという本作で、ワイルドにイメージチェンジを果たし、日本での活動をスタートさせた彼らに会って、話を聞いた。

連日のプロモーションや取材で大忙しだが、疲れた様子も見せず、「お久しぶりです。よろしくお願いします!」と元気よく爽やかにあいさつしてくれた6人は、曲の注目ポイントをはじめ、自由が与えられたら何をしたいか、海外活動での印象的なエピソードなどを語ってくれた。

ok_1

Q.2ndシングル「FREEDOM」のプロモーションがスタートしましたが、久しぶりの日本での活動はいかがですか?
エディ:ファンの皆さんを待たせてしまって申し訳ないという気持ちと、家に戻ってきたような感じがして、すごくうれしいです。
シンバ:前回の活動が終わるとき、「またすぐに来ます」と言ったのに、ちょっと間が空いてしまったので、SNSなどで「待っています」というコメントが多く見られ、皆さんがすごく待っていたと思います。なので、今回の「FREEDOM」を頑張って準備したんですが、反響が良くて、すごくうれしいです。

サンチョン:皆さんが待っていてくだった分、ステキなステージをお見せしたいと思います。
ジカ:久しぶりの活動なので、ちょっと心配だったんですけど、皆さんがすごく応援をしてくれて、むしろ僕たちが良いエネルギーをもらっていると思います。ありがとうございます!
ユル:できればもっと長く、ステージでカッコいい姿をお見せしたいんですが、もうすぐ韓国に帰るので、名残惜しいです。
イコ:今回のプロモーションは残りわずかですが、最後まで皆さんと一緒に楽しみたいです!

ok_1

Q.「FREEDOM」は作詞をシンバさん、サンチョンさん、エディさん、エコさんが手掛け、作曲はシンバさん、サンチョンさんが参加されたそうですが、どんなメッセージを伝えたくて作った曲ですか?
サンチョン:作詞は4人だけではなく、メンバー全員が参加しました。どんな曲をやろうかと考えていたとき、アイドルという職業はいろいろと制約が多いので、“自由”をテーマにしようと。そして、僕たちだけではなく、社会人や学生たちもこの曲を聴いて、自由というものを感じてもらえたらいいなという思いを込めました。

ok_1

Q.レコーディングでも、メンバーの皆さんがセルフプロデュースし、細部にまでこだわったそうですが、特にどんな部分にこだわりましたか?
シンバ:みんな長い間一緒にいて、お互いの持ち味や、どんな魅力があるのか、よく分かっているので、そういう長所を生かしてアピールできるよう、プロデュースしました。

Q.ではリーダーのシンバさん、メンバーの皆さんの持ち味や魅力が何か、紹介をお願いします。
シンバ:ジカさんは歌うとき声が低く、そこから出る力強い感じの声が魅力です。サンチョンさんは、スタートを告げる声を持っています。
(「FREEDOM」の歌い出しはサンチョンの「あぁ~~♪」。メンバーたちが一斉に「あぁ~~♪」とマネする)

シンバ:エディさんは音域が広くて、女性でも出しづらい高音を出したりするので、強烈でパワフルなボーカルが魅力です。今回はカッコいいラップも披露していて、エミネムならぬ、“エディネム”とニックネームを付けて呼んでいます(笑)。
一同:ハハハ。
シンバ:ユルさんは声が甘いんですけど、サンチョンさんがスタートを告げて、起承転結が必要になってくるので、その甘い声でバランスを取っています。イコさんはパフォーマンスが魅力なので、パフォーマンス中心のプロデュースをしました。
一同:(全員の魅力をスラスラ言えたことに感心し)お~(拍手する)。(2ページに続く)

2016.11.30

blank