【公式】俳優チョン・イル、脳動脈瘤との診断受けるも再検査申請せず国防の義務を履行

【公式】俳優チョン・イル、脳静脈瘤との診断受けるも再検査申請せず国防の義務を履行

韓国俳優チョン・イル(29)が2006年の交通事故での負傷で脳静脈瘤との診断を受け、社会服務要員(公益勤務要員)として軍服務することになったという事情を説明した。

チョン・イルの所属事務所HBエンターテインメント側は30日午後、報道資料を通じて、彼が社会服務要員判定を受けた立場を発表した。


以下、公式立場全文。

こんにちは。HBエンターテインメントです。

チョン・イルは2006年の交通事故で手首と骨盤に大けがを負ったことから、社会服務要員判定を受けました。これにより、4週間の基礎軍事訓練を受けた後2年間、服務することになります。チョン・イルの具体的な入所場所および日程などに関しては非公開で進める予定です。

チョン・イルは2006年の交通事故当時、脳震とうと脳出血、部分記憶喪失の症状を見せ、3年前からは頻繁に頭痛がありました。精密検査の結果、チョン・イルは“脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)”との診断を受けました。脳動脈瘤は再検査申請時に軍免除の理由にもなる状況ですが、それでもチョン・イルは再検査申請をせず国防の義務を履行することを決心しました。

チョン・イルは現役で入隊できず残念がっており、代替服務となりますが誠実に履行できるよう努力することでしょう。いつもチョン・イルを大切にしてくださるファンの皆様にあいさつすることができない点を申し訳なく、残念に思います。チョン・イルのためにたくさんの応援をお願いします。

WOW!korea提供

2016.11.30

blank